接客用語を使いこなすには慣れるプラス気遣い

接客
接客

初めてのアルバイトで、接客をすることになった時、まずは接客用の話し方をマスターすることから始まるかもしれませんね。

「いらっしゃいませ」のひと言でも、最初は、気持ちよく自然に使えなかったりします。

「なんだかしっくり言えないな~」という人もいれば、わりとはじめのうちから上手な人もいます。

もちろん、接客に必要な用語は、これだけではありません。状況に合わせて、うまく対応できるようになったら、一人前です。

今回は、接客用語についていくつか書きたいと思います。

マニュアルだけでは不十分な理由

喫茶店
喫茶店

アルバイトの接客用語は、場面ごとにマニュアル化されているものもあります。

「いらっしゃいませ」から始まり、「ご注文はお決まりですか?」「以上でよろしいでしょうか」など、決まった言い回しがあります。

お店のメニューや、サービスの利用方法を説明するため、きちんと覚えておく必要があります。

とはいえ、相手は人間なので、いつも全く同じというわけにはいきませんね。

例えば、お客様が初めての来店の時と、何度も利用していて慣れている場合とでは、声のかけ方や説明の仕方も変わってきます。

マニュアル通りにされていると不快に感じる?

接客
接客

お客様アンケートには、「マニュアルのような言い方で良くなかった。」という意見が書かれることがあります。

マニュアルが間違っているわけではありませんが、「いかにも覚えて言っているだけ」だと思われると、不快に思われるようです。

言い方や表情などにそうは思っていない感じが出ていると、マニュアルにある丁寧な言葉づかいであっても効果がないのです。

例えば、「またお越しくださいませ」と言っているのに、全身から出ている雰囲気は、もう二度と会いたくないということが出ていると、お客様はがっかりしてしまいます。

自然に出てくる親切な言葉や、相手に合わせた説明をしてくれるとホッとするものですね。

丁寧過ぎても心地よくない?

丁寧で間違っていないけれど、どうも居心地の悪さを感じさせてしまうことがあります。

時には、マニュアルにはないけれども、自然な気づかいのことばがけのほうが、良い印象を与えることもあるのです。

ただし、最低限の丁寧な言葉づかいは必須だと思います。

気づかいの気持ちがあれば

接客用語がまだ完全に身についていなくても、ひと通り使えるようになっても、相手の人への気づかいがあれば、良いサービスを提供できます。

たとえ、同じ説明の繰り返しであっても、人を相手にしていることを忘れなければ、大きな失敗をしてしまうのを防げるでしょう。

やがて慣れる

接客
接客

家や学校では、サービス業のような言い方をすることがないので、初めて接客してみると、ぎこちなくなったりします。

やがて慣れて自然に、適切な言い方を使いこなせるようになるものです。

一度、身につけると、違うお店で仕事をしても、対応しやすくなります。

接客時の話し方も、一種のビジネススキルなので、今後も色んな場面で役立つと思います。

まとめ

仕事の場面で使われる話し方は、友達や家族と話すのとは違う形のマナーが必要になりますが、いろいろ使ってみて慣れることと、気づかいの気持ちがあれば、どんな場面でも気まずくならないようにできるでしょう。

話し方によって、クレームを予防したり和らげたり、仕事の相手との信頼関係が築けたりすることができるので、接客用語は使いこなせると、良いことがたくさんありますね。

仕事に関連した記事

仕事のやりがいの記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク