洗顔の仕方を変えると肌質はかなり良くなる!

洗顔
洗顔

1日の始まりや終わりに顔を洗うととてもすっきりしますね。

洗顔が上手にできると、その後の化粧水などの成分もお肌に染み込みやすいですし、お肌のコンディションも良くなってお化粧のノリも良くなります。

(関連:朝のメイクが上手くできるかはかなり重要

汚れが残ったままでは、次のステップの効果がうすれてしまうので、お肌のお手入れには、洗顔は意外と重要なのです。

美肌対策は、洗顔から始まっています。

石鹸、洗顔フォーム、パウダータイプなどいくつかの種類がありますが、どんな洗顔料を使うときにも共通して、お肌にやさしい洗い方があります。

今回は、お肌にやさしい洗顔の方法についてまとめたいと思います。

よく泡立ててから肌につける

泡立て
泡立て

お肌につける前に、石鹸や洗顔フォームなどの洗顔料をよく泡立てます。

泡立てネットがあれば、なおのこと良いです。

洗顔料を泡立てる前に、手を石鹸で洗っておくのも良い方法です。手の汚れがないと、少ない洗顔料でも泡立ちやすくなります。

じゅうぶんに泡立てておくと、泡で皮膚を触るので、手とお肌との摩擦を少なくすることができます。

顔の皮膚は薄くて繊細なので、こすったりする刺激に弱いのです。

それで、じゅうぶんに泡立ててモコモコにしておくと、優しく洗うことができるのです。

泡立てネットを使うと上手に早くできる

片方の手を少しくぼませて、洗顔料と水を少し加え、もう一方の手の指先などを使ってよく混ぜ、だんだんとモコモコ泡になるまで続けます。

事前に、手を石鹸で洗っておくと泡立ちやすいです。

得意、不得意があるので、「どうしてもうまく泡立てられない!」という人は、泡立てネットを使うのがおすすめです。

あっという間にモコモコの泡が作れるので、面白いですよ。

【泡だてネット】

泡だてネットを使うと、短時間でいい泡を作れます。

顔をこすらないで!

あわ立てた洗顔料を顔につけるときには。絶対に肌をこすらないようにしましょう!

顔の皮膚は、物理的な刺激にも弱いです。

それで、たくさんの泡を使って、泡で皮膚の表面を触るように、できるだけやさしく、お肌をこすらないようにして洗います。

クレンジングでメイクを落とすときにも、オイル、ジェル、クリーム、リキッド、泡のいずれにしても、十分なクレンジング剤を取り、肌になめらかに滑らせるようにして、力を入れたりして肌に負担をかけないようにしましょう。

また、洗いあがった後、タオルで水滴を拭くときにも、軽く押さえて水滴を吸い込ませるようにすると、こすらずに水分をふきとることができます。

泡をよくすすぐ

洗顔
洗顔

泡が残っていると、お肌にとって刺激になってしまいます。

泡をつけた後は、しっかり洗い流しましょう

そのときも、手のひらにじゅうぶんな量の水を入れてから顔に持っていって、顔をあまりこすらないようにしましょう。

泡がとれてから、1、2回余分にすすぐといいかもしれません。

前髪などにも泡が残らないように、ヘアーバンドなどで髪を分けておくと、洗顔しやすくなります。

おでこ、こめかみなどの髪の生え際の部分は、すすぎをしっかりできているか、良く確認してみるといいですよ。

お湯の温度はぬるま湯に

ぬるま湯が良いとされています。

普段は水で洗うこともありますが、熱いお湯で洗うのは、皮膚の油分が取れすぎてしまうので、あまりよくありません。

とくに冬の時期には、お湯を使うことが多くなり、お湯の温度が高すぎたり、その後の保湿が十分ではないと、お肌が乾燥しやすくなります。

お湯を使う際には、ぬるめの温度が適しています。

清潔なタオルでニキビ予防をする

タオル
タオル

洗顔の時に気をつけていることのひとつは、タオルです。

なるべく、洗濯したてのタオルを使います。

洗面所に置いてある、手拭きタオルでは、顔を拭かないようにしています。

手拭き後のタオルは、手を洗ったあとで触ってはいますが、意外と雑菌がいたりします。

洗顔料の泡立てのほかに、この洗いたてのタオルで顔を拭くように気をつけたところ、ニキビや吹き出物ができにくくなりました。

ニキビができやすい人は、とくに、顔を拭くタオルに気をつけてみるのがおすすめです。

(関連:ニキビができているときには日焼けに注意しよう

毎回タオルを洗うのが間に合わない時には、ペーパータオルを使うこともできますよ。

また、メイクのときのパフやスポンジを時々洗っておくのもおすすめです。

パフについての記事

また、敏感肌の人は、タオルの柔軟剤の種類によっては合わないこともあるので、洗濯洗剤や柔軟剤が肌質に合うか、ちょっと変えて試してみるのもいいかもしれません。

洗剤を変えなくても、2度すすぎしてみたら、お肌が荒れなくなるということもあります。

洗顔後は化粧水と乳液でうるおいをキープしよう

洗顔直後は、お肌が潤っているように見えても、時間が経つと乾燥してしまいます。

毎回、化粧水で水分補給をして、その後、乳液をつけて水分が逃げないようにカバーします。

お肌がつっぱる感じのある人はもちろん、ちょっとオイリーな人も、実はお肌の水分が足りていないこともあります。

夏も冬も、化粧水と乳液を忘れずにつけるのがおすすめです。

また、洗顔後、時間を開けずにつけたほうが効果が高いです。

洗顔が良くなると、肌質が変化するよ

実際に、泡立てたり、こすらないようにしたり、タオルを変えることで、ニキビができにくくなりました。

また、メイクを落とさずに眠ったりせず、夜早めに洗顔するように意識することでも、お肌が荒れにくくなったように思います。

また、お肌のキメも整いやすくなった気がします。

お肌を丁寧に扱うことに意識が向くようになると、お肌も喜ぶような感じがしますよ。

そして、お肌の調子や変化に敏感に気がつくようになりました。

まとめ

洗顔以外にも気をつけることはありますが、洗顔方法でもかなりお肌の調子が変わるので、お肌の調子が気になるときには、まずはやさしく洗うことから試してみるといいかもしれませんね。

また、クレンジングの前にコンタクトレンズは外すようにしましょう。

(関連記事 : メイクの前にコンタクトレンズを入れたほうがいいよ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク