夏にしておきたいスキンケアの方法

夏

春から夏に向けて紫外線が強くなり、肌がダメージを受けやすくなります。

日焼けするだけでなく、そのあとシミやシワができやすくなったり、肌に刺激が加わるためにニキビができるなどの、肌トラブルが起きやすくなります。

(関連:シミやホクロはあとから増えてくる

暑さを乗り切るので、体力も消耗しますが、お肌への対策をしておくことで、お肌のコンディションを整えやすくなるでしょう。

今回は、夏のスキンケアについて書きたいと思います。

日焼け止めを塗ろう

鏡

強い日差しと紫外線からお肌を守るのに、日焼け止めクリームが使えます。

腕や手は手袋でカバーできても、顔を覆うことは難しいので、日焼け止めクリームが向いています。

顔用の日焼け止めを、いつものメイクの前に塗っておくことで、見た目は変わらずに、紫外線対策ができます。

(関連:化粧下地に加えて日焼け止めも塗ったほうが良いか?

【日焼け止め】

野外でのレジャーの時以外でも、日常生活でも紫外線を浴びる機会はあるので、毎日の朝のメイクの時に塗ると、つけ忘れずに済みますね。

(関連:朝のメイクが上手くできるかはかなり重要

肌に負担をかけない洗顔をしよう

洗顔
洗顔

汗をかいたあと、放置することでもお肌にとっては負担になることがあります。

汗を流して、毎晩きちんと洗顔してから夜寝るようにするといいですね。

また、汗を拭くタオルも、毎回良く洗って、清潔なものにしておくと、雑菌の繁殖を防ぐことができるので、肌トラブルを減らすことができるかもしれませんね。

【フェイスタオル】

洗顔の関連記事

洗顔の仕方で肌質はかなり良くなる!

保湿をしっかりと

ジメッとしていたり、汗をたくさんかいて、お肌がべとっとしていても、洗顔後にしっかり保湿した方が、お肌の調子が整いやすいです。

お肌が乾燥すると、紫外線などの刺激を防ぐお肌のバリアが弱くなり、ダメージを受けやすくなってしまいます。

洗顔後は、化粧水、乳液をつけるといいですよ。

また、クーラーのかかった部屋では、お肌が乾燥しやすくなります。

(関連:エアコンの部屋にいるときのお肌の乾燥対策

ムダ毛処理

夏には、薄着になるので、冬の時期以上にムダ毛が目立ってしまいます。

脚や脇、腕など、ムダ毛を剃ったりして、目立たないようにしたいですね。

カミソリを使うだけでなく、除毛クリームを使ったり、お店で脱毛してもらう方法もあります。

ムダ毛の関連記事

カミソリ負けしないでムダ毛処理をするためにできること

顔のムダ毛は意外と見られているー薄いひげに注意

女の人でもヒゲは生えるの?

規則正しい生活を

十分な睡眠時間を取り、規則正しく生活することで、体の回復力を高めておくなら、お肌のトラブルも起きにくくなります。

睡眠不足だと感じているなら、少し早めに寝床につけるように意識してみると良いかもしれませんね。

まとめ

夏の時期にお肌への対策をしていると、秋頃に違いが出てくることもあります。

また、シミなどは、何年も後になってから出てくることもあるようなので、早めに対策しておきたいですね。

エルセーヌ



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク