メイク用のパフを洗うとお化粧のノリが良くなるよ

メイク
メイク

メイクをしていて、時々ファンデーションのパフを見ると、とても汚れが溜まっているのに気がつくことがあります。

「前回はいつパフを洗ったかな?」

と考えてみて、思い出せなかったり、だいぶ前だったりしたら、まずは一度パフを洗っておきましょう!

洗いたてのパフで、おしろいの粉やファンデーションをつけると、何だかいつもよりもお化粧のノリが良くなり、肌がきれいになったように感じることができるでしょう。

ファンデーションを新しく買わなくても、洗うというひと手間を加えるだけで、大きな変化を味わえますよ。

これは、パウダリーファンデーションも、リキッドファンデでも、仕上げの粉おしろいのパフの場合でも同じです。

ファンデーションの種類の記事

リキッドファンデーションとパウダリーのどちらにしようか迷ったら
リキッドファンデーションとパウダリーのどちらにしようか迷ったら
ファンデーションというと、コンパクトに固形に固めたパウダーが入っている、パウダリーファンデーションをイメージする人も多いかもしれませんが、...

今回は、化粧パフの洗濯について書きたいと思います。

パフは汚れている

パフの汚れ

パフの汚れ

日頃から、定期的に化粧パフを洗う習慣がある人は、それでいいのですが、ごくたまにしか洗わないか、その化粧品がなくなるまで全くパフを洗わない人もいるかもしれません。

パフは、新品の状態では白くてふわふわしていますが、しばらく洗っていないと、ファンデーションなどが付いて、肌色に変わっていきます。

パフの汚れの原因

・ ファンデーション
・ 汗、垢、皮脂
・ホコリ

などに汚れが、だんだんと溜まっていってしまいます。

ファンデーションがパフに残っているだけならまだしも、汗や皮脂などがどんどん染み込んでいくと、雑菌が生えやすくなったりします。

その汚れや雑菌成分が、お肌を刺激して、ニキビなどができやすくなったり、古い汚れがついてファンデーションやおしろいの色がくすんでしまったりしてしまうのです。

汚れが溜まってくると、パフの表面がカピカピのテカテカになってきて、使い心地もよくありません。

パフの洗い方

パフ

パフ

しっかりファンデーションや皮脂汚れがついてしまったパフを洗います。

化粧品には油分が含まれていますし、汗や皮脂の汚れもあるので、パフを洗う時には石けんを使うのがおすすめです。

洗ったあと、顔に直接触れるものなので、体や手や顔を洗う石けんなどを使うほうが洗剤がパフに残りにくいと思います。

少し水にぬらしてから石鹸をつけます。

パフ

パフ

それから、石鹸をもみ込むようにしていくと、パフについていた汚れがどんどん取れていきます。

肌色の水分がでてきます。

パフ

パフ

一度水ですすいでみると、だいぶ汚れが落ちました。

パフ

パフ

もう一度石鹸をつけて、2度洗いすると、かなりキレイになります。

パフ

パフ

最後に、ギュッと水分を絞って、風通しの良いところに干したら完成です。

無添加石けん

無添加石けんは、お肌にやさしく、価格はお手頃なのに、とてもよく汚れが落ちます。
もし、ふつうの石けんで落ちないならば、メイク落としなどを活用することもあります。

落ちにくい油汚れは、台所の食器用洗剤を使って落とすこともできますよ。食べ物を入れる食器用の洗剤ですし、よくすすげば大丈夫です。

パフの内側にも、古いファンデーションなどが染み込んでいるので、しっかり洗うと、肌色の泡になって、汚れがどんどん取れていくのがわかると思います。

よくすすいだ後は、手でしぼって水を切り、風通しのいいところで、ふつうの洗濯物のように干しておくと、また新品のようにキレイな状態に戻ります。

パフは、手のひらに収まるくらいの小さな大きさなので、洗面所や台所などでササっと簡単に洗うことができますよ!

化粧ノリが良くなる

ファンデーション

ファンデーション

洗いたてのパフを使うと、いつもよりファンデーションの色が明るくつくような気がします。

同じような手順でメイクをしても、パフがキレイなだけで、仕上がりがキレイになるので、こまめにパフを洗うのが絶対におすすめです!

また、清潔なパフを使うようにすると、ニキビなどができにくくなって、肌質もよくなるという特典もありますよ。



※ 洗顔についての関連記事 

洗顔の仕方で肌質はかなり良くなる!

メイクの前にコンタクトレンズを入れたほうがいいよ

まとめ

「しばらくファンデーションやおしろい用のパフを洗っていないな〜」ということを思い出したら、できるだけ早めに石鹸などで洗ってしまうのがおすすめです。

洗面所などで5分もかからずに洗えます。

汚れがついていないパフで化粧すると、雑菌などが入りにくいのでニキビなどの肌荒れ予防ができるほか、ファンデーションの色味や質感が一段と良くつくようになる場合が多いです。

ぜひ試してみてくださいね!

※ ファンデーションの関連記事

ファンデーションは白い方が良いとは限らない

リキッドファンデーションとパウダリーのどちらにしようか迷ったら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク