マスクで気になる肌トラブル

マスク
マスク

マスクをすると、紫外線予防ができたり、口や鼻の周りの湿度を保てる反面、直接肌に触れることが刺激となって、肌荒れの原因になってしまうことがあるようです。

マスクを一日中していると、マスクによる肌トラブルも起きやすくなりますね。

今回は、マスクと肌荒れについて書きたいと思います。

マスクが肌に触れるところが荒れる

清潔なマスクであっても、長時間肌に当たると刺激になってしまい、肌がカサカサになったりニキビができるなどの肌トラブルを起こすことがあります

頬のあたりに、ニキビができるようになってきた、という場合、実はマスクが原因になっているかもしれませんね。

マスクの中が蒸れてベタベタする

マスクの中が蒸れてしまうので、使っている化粧品の油分などが、肌の表面でベタベタしてかゆくなったり、不快に感じたりする場合もあるようです。

体質の違い、使っている化粧品の違い、季節(気温や湿度)や、その日の活動量によって、ベタつき加減も変わってきます。

さっぱりタイプの化粧水や乳液、ファンデーションにすることでも調子が良くなるかもしれませんね。

また、朝メイクをするときに、クリームやファンデーションを塗りたてでベタベタしたところにすぐマスクをしないようにすると、マスクを付けたときのベタつきが気になりにくいでしょう。

よく保湿して、肌トラブルを予防しよう

ニキビやカサカサなどの肌トラブルは、肌の水分が少なくなっているときに起こりやすいので、保湿するように意識すると良いと思います。

マスクが肌に当たるところから肌の油分が奪われ、乾燥しやすくなることもあります。

マスクで顔が隠れている時間が多くなるので、控えめなメイクになることがあるかもしれませんが、お肌のお手入れは続けていきましょう。

スキンケアの関連記事

外出しない日のスキンケア
外出しない日のスキンケア
新型コロナ感染症予防のため、外出を控えることが多くなりました。 自宅から全く出ない日もあるかもしれませんね。 人と直接会わない...

マスクの素材

絹や綿のマスクがお肌にやさしいということを聞くことがあります。

不織布マスクの内側に絹素材のインナーマスクをするというアイデアもあるようです。お肌にやさしいだけでなく、マスクの層も増えるので、ウイルスガード効果も高くなりそうですね。

インナーマスク

お肌にやさしいシルク素材です。

人それぞれ、気に入ったマスクがあるかもしれませんね。

とはいえ、つけ心地は良いけれど、目が荒くてマスクの効果が低い材質もあるので、人混みに行く時と、3密ではないけれど念のためにマスクをするときなどによって、マスクを使い分けるのがおすすめです。

まとめ

マスクをする習慣になって、思わぬ肌トラブルが起こることがあります。

毎日保湿するなど、お肌のお手入れもしていきたいですね。

マスクの関連記事

寒いときにマスクをするときはマスカラに注意しよう

家の外に出かけるときには、マスクを忘れずに

コロナ対策グッズ特集
コロナ対策グッズ特集
新型コロナが流行するようになってから、店頭でよく見かけるようになったものや、一時品薄になったもの、新しく見かけるようになった商品などがあり...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク