寒いときにマスクをするときはマスカラに注意しよう

寒い日
寒い日

寒いときには、あったかグッズの一つとしてマスクをすることがあります。

外に出るときに、顔を暖かくするのに、とても効果があるからです。

また、もちろんのことですが、風邪やインフルエンザの予防にもなります。2020年になって、新型コロナウイルスの予防としてマスクをする人が各段に増えましたね。

防寒のためにマスクをするときには、少々上のほうに隙間ができても、薄いマスクでもこだわらない感じで使ったりできます。

マスクの関連記事

ただし、寒いときにマスクすると、自分の息の中に含まれる水分が水滴となってまつげのあたりにたまってしまうことがあります。

自分の息に含まれる水蒸気の水分が原因で、アイメイクのマスカラが溶けてしまうことがあるので注意が必要です。

今回は、いずれの理由にしても、マスクをした時に気をつけたほうが良いマスカラについて書きたいと思います。

自分の息の蒸気でマスカラが溶ける?

マスク
マスク

以前、自転車で移動するときに寒いので、マスクをしていたことがあります。

道中、口やあごのたりがあたたかく、寒さに困ることなく目的地に着きました。

「マスクはいいものだな〜」

ととても満足していたのですが、ちょっと洗面所に行って鏡を見て驚きました。

なんと、マスカラがまつ毛から全部とれて、目の下にべったりと刻み海苔のように黒く付いていたのです。

「なんだろうこれは?」

と思ったら、はがれたマスカラでした。

幸い、人に会う前だったので、あわてて目元を直しました。

こんなにもマスカラが落ちてしまうとは、、

寒い日、マスクをしてよく体を動かすときには、相当な湯気がまつ毛に当たることを実感しました。

もしも、メガネをしている人なら、レンズが湯気でくもってしまうので、息に含まれる湯気の多さに気がつきやすそうですね!

ウォータープルーフでも気をつけて

寒い日にマスクをしながら、自転車に乗ったり、軽作業をしたりすると、相当な量の水滴がまつ毛にあたります。

もしも、氷点下の気温ならば、まつ毛が凍るのではないかな、と思います。

程よく寒いと、水蒸気は凍らずに水滴になります。

もっと気温が暖かければ、水滴はつきません。

外に出ていると、自分の顔を見ないことが多いので、いつの間にかマスカラが落ちているかは気がつかないことが多いです。

親しい人ならば、「マスカラが落ちているよ!」

と教えてくれるかもしれません。

でも、こちらの顔を見ていないか、遠慮して言わない人もいるので、マスクの日はマスカラを控えめにするといいかもしれませんね。

あるいは、エクステにすると、マスカラなしでパッチリ目元にできます。

まつげのエクステの関連記事

ビューラーの記事

マスクの日には簡単メイクがおすすめ

メイク道具
メイク道具

マスクをすると、顔の半分くらい隠れます。

前髪があったり、帽子をかぶったらすると、さらに顔が隠されて、目のまわりくらいしか出ていない状態になったりします。

「ほとんど顔が見えないのだったら、メークもほどほどでかまわないのでは?」

と思うので、いつもより軽めにするようにしていいます。

マスクに触れる部分は、ファンデーションや口紅が取れてしまうので、濃くお化粧をすると、もったいないです。

唯一、たくさん見える目元も、寒い日には自分の息に含まれている湯気がかかるので、アイメイクも崩れやすくなります。

それでも、忘れずに眉毛を書くようにしています。眉毛までは湯気は届かないので、崩れませんよ!

眉メイクについての記事

結局のところ、メークはかなり簡単なものにするほうが向いているかもしれませんね。

もしも室内にいて、あまり体を動かさない環境にいれば、マスカラやアイメイクをしても大丈夫だと思います。

防寒対策にもマスクは使える

外に出るときには、ヒートテックを重ね着したり、手袋や帽子、マフラーなど、あらゆるグッズが活躍します。

いつもより冷え込む日は、重ね着したり、いつもは省略しているアイテムをプラスするとあたたかく過ごすことができます。

マスクも、そんなあったかアイテムのひとつとしても便利です。

顔を覆えるグッズは、マスクが最適です。

※ 寒さ対策の関連記事

寒さの厳しいときには、帽子をかぶるのが効果的

ユニクロの超極暖ヒートテックは寒さ対策の強い味方

いろいろなマスク

たくさん入っているお得なマスクがあると、もっと気軽に使えるようになりますね。

使い捨てマスクは定番商品です。

使い捨てマスク

使い捨てマスクは、定番です。毎回新しいマスクにするので清潔ですし、マスクを洗う手間がかかりません。

お肌に優しい、オーガニックコットンを使用したマスクもあります。つけ心地が良いので、快適に過ごせると思います。洗って繰り返し使えます。

シルク素材のインナーマスク

シルク素材も、お肌にやさしいです。インナーマスクとして使う方法もあります。

(関連:マスクで気になる肌トラブル

自然な色の使い捨てマスク

血色が良く見えるカラーのマスクです。やさしい色合いで、顔色との違和感が少ないので人気があります。

立体マスク

立体的なので、口まわりに空間ができて息苦しくなりにくい、口紅がつきにくい、お肌に触れる部分が少なくて快適だと評判が良いです。

まとめ

寒い日のマスクは、かなりあたたかくなるので、おすすめです。

同時に、風邪予防もできます。

ただし、ときに息の湯気でまつ毛に水滴がつくことがあるので、マスカラやアイメークには十分気をつけてくださいね!

※ マスクの関連記事

ふつうのガーゼマスクの使い心地は?

ガーゼマスクなど、洗って使えるマスクも注目されている

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク