女子力の高いコが持っていそうなもの

花

このコは「女子力が高いな!」と思う瞬間があります。大抵は、ちょっとした気遣いだったりするのですが、時々それは持ち物にも表れます

とっさに出てくる彼女たちの機転の利き方は見習いたいものですね。

もちろん、男子が持っていてもおかしくないものも多くあります。男子の場合、紳士らしいとか、王子のようだという表現になるのかもしれませんね。いずれにしても、多くの人に好印象を持たれると思います。

今回は、女子力の高い人が持っていそうなものについて書きたいと思います。いくつか当てはまったら、あなたも女子力が高いということかもしれませんよ!

ハンカチ

最近では、外出先のトイレでも、ペーパータオルやエアータオルで、ハンカチがなくても困らないことが増えてきました。

それでも、手が汚れたときや、額の汗をハンカチで拭いている人は、女子力が高く見えます。

特に暑い夏はよく汗をかくので、ハンカチを携帯しておきたいですね。特に汗が多い日にはハンドタオルも使いやすいです。

さらにいうと、タオルが実用的ですが、首からタオルをかけている様は、女子力が高いという表現には当てはまりにくいと思います。

作業や仕事には向いているファッションですね。こちらも、汗をかきながらも何もしないよりも、タオルで拭きながらも作業しているほうが爽やかだと思います。

【タオルハンカチ】

バッグの中にハンカチが一枚あると、手を拭いたり汗を拭いたり、スマホ画面の指の跡も拭き取れたりして便利ですよ。

※ お肌のお手入れの関連記事

エアコンの部屋にいるときのお肌の乾燥対策

ウェットティッシュ

続いて、バッグの中にウェットティッシュがある人は女子力が高いと思います。

ウェットティッシュが欲しくなる時は、ちょっと緊急なこともあります。

べとっと汚れがついてしまったとか、すぐに拭き取ってさっぱりしたいときです。

そんなときに、そっと「どうぞ」と言ってウェットティッシュを差し出してくれたら、非常に嬉しくなります。

ひょっとしたら毎回使うものではないので、持っていなくても普通ですし、持ってきていない人も多いので、カバンに入れている人がいたら、「用意がいいな」と思います。

絆創膏(ばんそうこう)

指先を切ってしまったり、転んだり、靴ずれしたりするなど、「ばんそうこうがあったらいいな」という場面が出てきます。

自分がケガした時に、ばんそうこうを貼れるのもスマートですし、だれか近くにいる人かケガしたときにも、さっと渡せると感謝されます。

困った時に、さりげなく助けになれるというには、とても素晴らしいことですね。

こんな優しいところに、女子力が高いと感じます。

指のささくれから血が出てしまった時など、意外とばんそうこうが必要になる場面があるものですよ。

裁縫道具(ソーイングセット)

ハンカチを持っている人よりも、ソーイングセットをすぐに取り出せる人は少ないと思います。

「突然ボタンやホックが取れてしまって、困ったなぁ」というときに、ソーイングセットは役立ちます。

正直言って、一年の間に何度も使いません。

それでも、ソーイングセットを持っていて、上手に直すことができる人は、女子力が高いな、と思います。

「ソーイングセットを持ってる?」

と聞かれたことがあるならば、それはその人の目から見て女子力が高そうだと思われているからかもしれませんね。

簡単な裁縫道具は、ほとんどかさばらず重くもないので、ポーチの中に入れておくと良いかもしれませんね!

【ソーイングセット】

ボタンが外れたり、裾がほつれたりした時に役立ちます。

モバイルバッテリー

こちらは、近年スマホやインスタグラムなどが流行っているので、女子力の高い人は充電が切れないようにモバイルバッテリーを持ち歩いている可能性が高いと思ったからです。

ちょっと緊急に、充電が切れそうになって困っているときに、ちょっとでもモバイルバッテリーを貸してくれたりしたら、「親切だな〜」と思います。

貸してくれるかどうかはわかりませんが、モバイルバッテリーを持っているなどの用意が良い人は、女子力が高そうだという表現が似合います。

【モバイルバッテリー】

よく持ち歩くなら、コンパクトタイプだとカバンに入れやすいです。

使ったら、次回のために充電しておきましょう。

まとめ

勝手な基準で選んだ持ち物ですが、いずれにしても緊急時への用意が良いということが関係しています。

用意が良いけれども、持ち物が多過ぎないというバランスが大切ですね。

※ 関連記事

コンタクトレンズで目ヂカラはアップするか?

字の美しい人は得をしている!

ダイエットをしようと決意するきっかけ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク