夏の方が痩せやすい?暑くて食欲がなくなるからかも

太陽
太陽

「どうやってこの夏を乗り切ろうか?」と時々心配になることがあります。

なんといっても暑すぎるからです。

もう外に出たら、まっすぐ歩けるか、息をちゃんと吸えるか、そんなことも当たり前ではなくなっているような気さえしてきます。

夏休みがあって、夏は楽しいイメージであってほしいのですが、暑すぎるのは体にとってキツいですね。

もし、このタイミングで減量したいと思っている人にとっては、良い季節かもしれません。暑いと食欲が落ちて、痩せやすいからです。

ただし、ただ食べずに痩せるだけでは健康的だとは言えません。ただの夏バテと変わらなくなるからです。

今回は、夏の暑さと体重の上手な減らし方について書きたいと思います。

夏に自然とやせる人が多い

体重計
体重計

特にダイエットをしていなくても、夏の時期に自然と体重が減る人は多いです。

いくつか理由はあると思いますが、考えられる理由はきっとこんな感じだと思います。

・ 暑くて食欲が落ちた

・ 汗をかいて体力を消耗した

・ 体温が上がって代謝が上がった

暑いと、痩せやすい条件が整いますが、必ずしもその体重の減らし方が健康によいとは限りませんね。

例えば、食欲がないままに放っておくと、やせたとしても体力が消耗してしまって、体が弱ってしまいます。

程よい減らしかたを目指そう

「健康を保ちつつ、ちょっと体が軽くなったな」とか、「お腹がへこんでスッキリしたな」というくらいがちょうど良いですね。

ふつうにバランスよく食べるのがおすすめです。

暑さとたたかうには、エネルギーが必要ですし、そのようにして体をつかうなら、自然と体重が減りやすいでしょう。

食べる量を減らし過ぎると、お腹が空いてフラフラするとか、力が入らないようになってくるので、注意が必要になりますね。

そこまでくると、意識して食べて栄養と体力をつけることを目指したほうが良いです。

夏でも痩せないかもしれない食べ方

スイーツ
スイーツ

夏でも全然痩せない、という場合、健康を保つのにその体重が合っていることもあるかもしれませんが、時々、食生活を見直す必要がある場合もあります

・ジュースの飲み過ぎ

・アイスや甘いものばかり食べる

(関連:アイス暑い日にエアコンなしで過ごしていたら、アイスの消費量がやたら増えた

などです。

もしも、糖分の取りすぎがあるとしたら、痩せにくいだけの問題ではなく、糖尿病などになりやすくなるというリスクを伴います。

水分補給や、栄養をとって元気付けることも大切ですが、バランスよく栄養を摂らないと、体調を崩してしまう原因になりかねません。

(関連:菓子パンは太る?太りやすい食べ物を考えたよ

なるべく甘いジュースよりも麦茶ルイボスティーなどにしたり、アイスクリームの量も調整すると良いと思います。

【ルイボスティー 】

暑いと、汗で塩分などのミネラルが失われがちなので、ただの水ではないほうが熱中症対策に効果的なこともあります。

飲み物は水にして、塩分やミネラル補給用に、タブレットタイプのお菓子で補うこともできるかもしれませんね。

塩分チャージを食べてみたら、味もおいしいです。

【塩分チャージ】

体が疲れている時には、ターメリックミルクなどを家で作って飲むのも良いかもしれません。牛乳とハチミツとターメリックのパウダーを混ぜるだけで簡単にできます。ターメリックはウコンのことです。

※ 関連記事

ノンカフェインで選ぶならルイボスティーがおすすめ

ターメリックミルクの味は?

日焼けして、引き締まって見える

日焼けしてワントーン肌の色が濃くなると、色味の効果で、ちょっと細く見えることがあります。

わざわざ日焼けするのは、のちにシミができやすくなるのでおすすめできませんが、自然と夏を過ぎるといくらか肌の色が濃くなることはあると思います。

(関連:化粧下地に加えて日焼け止めも塗ったほうが良いか?

夏は、肌がダメージを受けやすいので、いつもよりお手入れをマメにしておきたいですね。

(関連:夏にしておきたいスキンケアの方法

夏バテ対策もしておこう

ペットボトル
ペットボトル

暑すぎて熱中症になったりすると、最悪の場合死んでしまうこともあるので、この暑い夏を乗り切るには食べて体力をつけることがカギになるでしょう。

(関連:ゴーヤの佃煮の作り方

水分補給と合わせて、規則正しい食事をとり、いつも通りに動いていたら、暑さで自然に少し体重が落ちるのが自然です。

もっと一気に痩せようとするのは、体調を崩すリスクが大きいので、気をつけるようにしましょう。

体重を落とすなら、少しずつのほうがリバウンドもしにくく、体力も落ちにくいです。

熱中症対策の関連記事

夏の凍ったペットボトルの効果的な使い方

干し梅は熱中症対策に使えそう!

朝食はなるべく取ろう

暑い1日のスタートは、朝食をとってエネルギーを補給しておくと、過ごしやすくなったりします。

忙しい朝や、食欲があまりなくても、バナナなど簡単に食べれるものにするなどの工夫をすると、朝食をとりやすくなると思います。

バナナを食べると、食物繊維が取れたりして調子が良くなることもありますよ。

関連記事

朝ごはんを食べたほうがいいの?

朝食をバナナとコーヒーにして2週間ダイエットしてみました

まとめ

夏は、自然とダイエットになりやすい季節です。

とはいえ、クーラーを我慢しすぎたストレスなどで、アイスを食べすぎて逆に太ってしまうこともあるかもしれないので、注意も必要ですね。

いずれにしても、体重が減ることばかり見ていると、体力が弱ったり、水分が足りなくなっていただけだったりすることもあるので、夏の時期には体調管理をいつも以上に気をつけるようにして、過ごしていきたいですね!

※ ダイエットの関連記事

春にやせたいと思う理由

太ったな、と感じる瞬間

【脱毛・エステ】

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:BSS脱毛

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク