コンビニが24時間営業じゃなかったら困るかどうかについて考えてみたよ

コンビニ
コンビニ

コンビニの人手不足などが話題になって、

必ずしも24時間営業にしなくても良いのではないか?

という意見も聞かれるようになりました。

個人経営のお店であれば、自由に営業時間や休業日を決めることができますが、チェーン店でしかもコンビニだと勝手にお店を閉じるわけにもいかないようです。

深夜の時間帯にコンビニを利用することが滅多にないのですが、24時間営業ではないコンビニがあるとどんな感じになるか、考えてみました。

24時間営業してほしい場所

飛行機

飛行機

例えば、空港にあるコンビニなどは、24時間営業していてほしいと思います。

海外から到着したり、出発する便が夜中かもしれず、そんなときに、ちょっと飲み物や軽食が手に入るとホッとするものです。

定期的に深夜便があるなら、利用する人もいるでしょうから、24時間オープンしていてもらえると安心だな、と思います。

そういう意味で、駅の近くや構内のコンビニや高速道路のサービスエリアなどでも、行き帰りの途中でさっとお弁当なども買えるので、駅を利用する時間帯には空いていたらいいな、と思います。

深夜はお店を閉じても良さそうな場所

住宅街

住宅街

住宅街では、ほとんどの人が夜寝ているので、コンビニも閉店している時間帯があっても良さそうに見えます。

コンビニ店員の人は、深夜にどれくらいの人がお店に来るか、だいたいわかっているはずです。

ほとんど来店する人のいない時間帯には、少し閉めていても大丈夫そうに見えます。

あまりに人気(ひとけ)のないところにあるコンビニには、入りづらい感じもします。

何時頃だったら閉まっていても気にならないか?

自転車

自転車

通勤や通学するときに、朝出かける途中にお弁当を買いたい人は、6時台くらいから動き出すように思います。

学校や職場の近い人は、7時台や8時でも良いかもしれませんが、朝が早めの職場や、遠い人は、7時では間に合わないかもしれません。

6時くらいがちょうど良さそうですが、早起きの人もいるので、5時台に空いていれば、かなりのお客さんをカバーできそうです。

閉店の時間はというと、12時か、午前1時くらいまで空いて入れば十分に思います。

午前1時~5時(4時)の時間帯には、閉まっていても大丈夫そう、と思えます。

もし、とてもお腹が空いている人がいても、夜中の1~5時までの数時間の空腹を我慢することはできるでしょうし、閉店時間の前に前もって買っておけば、大丈夫なのですから。

夜勤や残業の人は?

眠る

眠る

問題になるとしたら、閉店している時間帯にしかコンビニに行けない生活スタイルの人たちです。

夜勤や残業などの都合で、仕事が終わった夜中に、コンビニを利用したいお客さんがいるかもしれませんね。

夜勤か残業で、夜の12時か午前1時まで仕事して、帰り道に何か買ったり、各種公共料金の支払いやコンビニATMを利用したいかもしれません。

「疲れて帰る前に、コンビニのイートインでラーメンでも食べて帰ろう」ということもあるでしょう。

セブンイレブンの豚ラーメン(中華蕎麦 とみ田 監修)を食べてみたよ!
セブンイレブンの豚ラーメン(中華蕎麦 とみ田 監修)を食べてみたよ!
「セブンイレブンで発売されている、本格ラーメンがうまい!」と話題になっているそうなので、食べてみることにしました。 中華蕎麦 とみ田 ...

真夜中にコンビニが閉まっていれば、出勤前の時間帯に、買い物や手続きを済ませることになると思います。

帰り道に何か買って、ちょっと食べたりひと息つけなくなると、ちょっと寂しく感じるかもしれません。

インフラとしてのコンビニ

先日、ワイドショーでの特集で、24時間営業のコンビニは地域のインフラとしての役割があるという趣旨のコメントがありました。

なるほど。

利益重視ばかりではない、ということなのです。

社会的な役割があるというのは、すばらしいことですが、コンビニは数も多いので、全ての店舗で24時間オープンにしなくても良いのかもしれない、というのが正直な感想です。

夜行バスや、飛行機で、深夜の時間帯になったとき、コンビニが空いているとホッとすることもあるので、24時間空いていてほしいこともありますが、普段は滅多に午前1時~5時の間にコンビニに行くことはありません。

24時間営業のお店を絞ってみても良いのかもしれませんね。

これから24時間営業のお店が減るかも?

コンビニだけでなく、24時間営業のスーパーなどもありますが、コンビニが閉店する時間帯を設けると、他の業種でも24時間営業するところが減っていくかもしれません。

副業で、深夜の時間帯に働きたいと思っている人にとって残念ですが、なかなか働き手が見つからないという問題があるのであれば、深夜はお店を閉めるという選択は自然な流れに思います。

夜に家で眠ることができるのは、健康的な生活スタイルだと思うのですが、いろんな職種があるので、皆同じスタイルにするのは難しそうですね。

コンビニが真夜中に少し閉じることができるなら、少なくともコンビニの店員さんたちの夜勤者は減らせることになります。

まとめ

 コンビニがなくなってもらっては困るのですが、午前の1時~5時くらいに閉まってもあまり気にならないような感じがします。

セブンイレブンの名前の由来(朝7時~夜11時)の時間帯よりはもうちょっと幅を広げてほしいかな、と思います。

コンビニの関連記事

コンビニ(セブンイレブン)でPDF書類や写真をプリントする方法
コンビニ(セブンイレブン)でPDF書類や写真をプリントする方法
最近のコンビニの複合機は、スマートフォンやタブレットからデータを送ることで書類の印刷(プリント)ができます。 家にあるプリンタが壊れ...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク