顔から太ると損しているような気がする

顔

同じ体重でも、どこに脂肪や筋肉が付いているかで、見た目の印象がかなり変わりますね。

特に、目立つ部分に脂肪がつくと、増えた体重よりも多く太ったように見えてしまうでしょう。例えば、顔です。

二重あごになったり、顔の大きさが大きくなる、ほっぺたが盛り上がってメガネのレンズにつきやすくなるなど、顔の全体がひとまわり大きくなったりします。

一方、服を着ると目立たないお腹などが太って、あまり太ったと見られない人もいますね。

今回は、目立つ太り方について書きたいと思います。

どこが太りやすいかは体質の関係も

何も意識せず太ったときに、どの辺りが太くなるかは、遺伝的な体質の影響が大きいです。欧米系の人と日本人でも、肉のつき方が変わってきます。

体は大きいのに、顔が小さいと、太ったときのインパクトは小さくなります。お得な感じがしますね。

太ったのが目立つ順番としては、顔、腕、脚、お腹といった感じでしょうか。

手の甲や指もふかふかに、クッションのようになってきたら、本格的に体重が増えてきたのを実感するものです。

また、足も少し大きくなって、靴がきつくなることもあるようです。

急激に太り始めたとすれば、何か食生活で食べ過ぎているか、偏っているかなど思い当たることがあるかもしれません。

(関連:菓子パンは太る?太りやすい食べ物を考えたよ

どこから太るということもありますが、たくさん太ればもちろん全体的に大きくなりますよね。

関連記事

顔も太る

食べる
食べる

顔まわりに脂肪がつくと、太った印象になります。

顔に輪郭、特にアゴの周りは目につきやすいですね。二重アゴになっていたり、洋服のシャツやブラウスなどの首まわりがきつく感じたりします。

また、ほっぺがムチムチしてきます。

可愛らしくチャームポイントになることもあるので、顔にハリがあるのも悪いことばかりではありません。

頰がこけたほうが、不健康に見えたり、貧相な印象を与えることもあるからです。

ただし、顔が太りすぎると、皮膚も伸びてしまい、あとで痩せたときにたるみやすくなってしまいます。

体重の増減が少ないほうが、長い目で見ても若々しさを保ちやすいですね。

顔をすっきりさせる方法

脂肪がつくだけでなく、むくむことで顔が大きくなることがあります。

そんな時には、顔のリンパマッサージなどが効果的かもしれません。

むくみが取れるとスッキリします。

小顔マッサージを、お風呂上がりなどにしてみてはいかがでしょうか。

一回で思い切りするよりは、少しを継続するほうが持続できるでしょう。

造顔マッサージを試したら、顎のラインがすっきりしました。自宅で自分で試してみることができるところがいいですね。

予算が許せば、エステに行くのも一つの方法です。

自分ではむくんでいないと思っていても、施術後は、ひとまわり顔が小さくなっているかもしれません。

リラックスもできるので、日頃の疲れも一緒に取れるかもしれませんね。

(関連:エステの気分が味わえる自宅用のスチーマーはあるの?

年齢や性別によって違いが出る

お腹
お腹

同じような生活習慣でも、中年になるとお腹が出てくるなど、年齢による変化もあります。

中年を過ぎると、お腹に脂肪がつきやすくなります。

メタボリックシンドロームのための検査で、お腹まわり(腹囲)を測定するのは、40才以上などの、一定の年齢以上から始まります。

他の部分はほとんど変わらなけれども、お腹まわりが特に太ってくるようなとき、見た目以上に体調あるいは体重管理に気をつけたいところです。

健康診断の関連記事

まとめ

「なるべくなら、顔から太るのは嫌だな~」と思うのですが、いつも顔から太っていくなら体質の問題があるので仕方がありません。

できるだけ、太らないようにするのが良さそうです。

少し太っただけで目立ってしまうので、損しているような気がしてしまいますが、良い方向で考えると、早めに自分の体調や体重の変化に気がつきやすいので、早めから対策しやすいところが有利かもしれませんね!

体重計に乗らなくても、毎朝鏡でチェックすると、体の調子がある程度わかります。

(関連:朝のメイクがキマるかはかなり重要

全体的に急に太らないようにすると、顔太りの予防につながりますよ。

体重の関連記事

太り始めるまでには時間がかかる

【エステ】

光沢のあるツルツル肌へ『BSS脱毛』エルセーヌ
ビューティ・スムース・スキン脱毛で素肌美人になろう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク