レンジガードでガスコンロまわりをすっきり見せる

ガスコンロ
ガスコンロ

ガスコンロのまわりには、油などが飛び散りやすいですね。

ホームセンターやスーパーでも、ガスコンロまわりを汚れから保護するグッズをいろいろあります。よく見かけるのは、アルミでできたレンジガードです。

また、ネットショップなどをさらに見ると、もう少し油汚れを拭き取りやすく、見た目もすっきりしたレンジガードもあります。

今回は、ガスコンロまわりに設置できるレンジガードについて書きたいと思います。

アルミのレンジガードは変形しやすい

スーパーにある一般的なレンジガードは、アルミホイルを分厚くしたような素材なので、ちょっとしたことでボコボコに変形してしまいやすいです。

油汚れを拭くときにも、ボコボコさせながら、ゴワゴワするところを掃除するので、手間がかかります。

汚れがたまってしまったら、新しいものに買い替えたほうが掃除するよりも楽だと思います。

価格がお手頃なので、そろえやすく、買い替えやすいところが利点です。(参考価格:スーパーやホームセンターでは300円前後。ネット通販だと送料が別にかかります。)

耐久性のある高級レンジガード

上質なレンジガードの場合は、汚れを拭き取りやすく、見た目もスタイリッシュになります。

ステンレス素材、テフロン加工などの種類があります。

板の厚みがあるので、全体で重量感もあり、1〜2kgほどですが、使いやすいと思います。

【一般的なガスコンロにおすすめ】

テフロン加工で、汚れが取れやすいです。また、幅を調節できるのでぴったり設置できます。背面の下が下までないので、ガスホースが引っかからないところも良いです。(参考価格:4,000円前後)

ビルトインコンロの場合

ビルトイン
ビルトイン

ビルトインコンロの場合、段差がないので、レンジガードの高さが低いデザインのものを使うことができます。

レンジガードを置いても見た目がすっきりするところがいいですね!

【2面タイプのレンジガード】

コンパクトなので、使う時だけ設置することもできます。ステンレス素材は、見た目がすっきりしやすいですね。早めに拭けば、汚れも取れやすいです。(参考価格:2,000〜3,000円)

【3面タイプのレンジガード】

油がはねそうな料理をする時だけ、取り出して使うこともできます。コンロ1口分の大きさです。(参考価格:2,000〜3,000円)

レンジガードも掃除が必要

レンジガードに飛んだ油汚れは、早めに拭き取るようにすると、汚れが落ちやすくて掃除が楽です。

汚れをためてしまうと、熱で焼きついて取れなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。また、油汚れがたまると、引火することもあるので危険です。

壁やそこらじゅうに飛び散ったかもしれない汚れが、レンジガードに集中して集まっています。レンジガードも掃除が必要ですが、汚れが散らばるよりも、お手入れはしやすくなると思います。

まとめ

レンジガードは、スタイリッシュなタイプにすると、台所がすっきりして見た目が良くなるので、おすすめです。

キッチンまわりの関連記事

生ゴミを入れるのに便利なホルダー
生ゴミを入れるのに便利なホルダー
台所で料理をしていると、必ず生ゴミが出てきます。生ゴミを放置していると、臭いが出てきたり、ゴキブリやコバエなどが寄ってきやすくなるので、こ...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク