生ゴミを入れるのに便利なホルダー

ビニール袋ホルダー
ビニール袋ホルダー

台所で料理をしていると、必ず生ゴミが出てきます。生ゴミを放置していると、臭いが出てきたり、ゴキブリやコバエなどが寄ってきやすくなるので、こまめに処分していきたいですよね。

最近、100円均一で買った、ゴミ袋ホルダーを使ってみたら結構便利でした。

シンクまわりは、水がかかりやすく、放置しておくと容器の底などがヌルヌルになったりしやすくなります。

そんなところでは、コンパクトで扱いやすいグッズが向いていますね。

今回は、100均で買ったゴミ袋ホルダーについて書きたいと思います。

ビニール袋をかけるホルダー

ビニール袋ホルダー
ビニール袋ホルダー

百円均一の、キッチン用品のコーナーに、ビニール袋を引っ掛けるのにちょうど良いグッズを見つけました。

友人宅で見たことがあったので、似たようなものがないか探したらありました。

大きさは、2種類ありましたが、小さめの方を選びました。

用途としては、ビニール袋をかけるだけでなく、コップや水筒などをかけて、水を切ったりすることにも使えます。

(水筒のお手入れの関連記事:水筒の中の汚れをきれいにする方法(酸素系漂白剤の使い方)

いずれにしても、シンク周りで使うのに便利が良さそうです。

たためるところがGOOD

ビニール袋ホルダー
ビニール袋ホルダー

このホルダーの良いところは、使っている素材が少なくて、使わないときにはたたんで片付けることができることです。

プラスチック製のゴミ箱にしてしまうと、このようにコンパクトに収納することはできませんね。

底がヌルヌルしにくい

また、底になる部分がほとんどないので、ヌルヌル汚れもつきにくいです。

ゴミ箱になっていると、内側に水がたまったりしてしまいますが、このホルダーであれば、基本的に内側に水が溜まってくることはありません。

とはいえ、中心の継ぎ目の部分には、水や汚れが多少つきやすいかもしれません。

ヌルヌル汚れがつきにくいですが、時々、このホルダーも洗うと良いですね。洗いやすく、乾きやすいところも使いやすいです。

大きすぎない方が邪魔にならない

ホルダーは、適度な大きさが良くて、大きすぎるとビニール袋を引っ掛けにくかったり、水まわりが狭くなって作業しづらくなります。

大きすぎないものを選ぶのがおすすめです。

選んだサイズは、小さめのビニール袋をかけるときには、3カ所にかけるとちょうど良かったです。

ビニールの直置きよりも断然おすすめ

三角コーナーやゴミ箱を置かずに過ごしてきましたが、やはり、生ゴミをサッと入れられると料理しやすくなります

ビニール袋をシンクまわりに直接置いて、そこに生ゴミを入れるよりも、ビニール袋ホルダーがあった方が、断然生ゴミを入れやすくなります。

また、直置きだと、ビニール袋の底がぬれたりして不衛生になりがちですが、ホルダーがあるとビニール袋の底が乾いたまま使えます。

また、長時間生ゴミを放置せず、こまめにビニール袋の入り口を結んで捨てるので、ちょっとビニール袋をかけて使うためのホルダーとして、ぴったりの役割をしてくれます。

まとめ

生ゴミ入れは、しばらくこのホルダーを使っていこうと思います。

ホルダーを使うようになったら、生ゴミを入れやすくなりました

100円均一での商品は、プラスチックでできていて、軽いビニール袋をかけるのにはちょうど良いですが、丈夫な感じではありません。

似たような商品は、他の大きさやデザインを変えたものがあるかもしれませんね。

ちょっと生ゴミを入れるためであれば、100円の商品でしっかり使えると思います。

片付けなどの関連記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク