白身魚の蒸し料理を作ってみました

完成
完成

最近、蒸し器を買って蒸し料理を始めることにしました。

フライパンや鍋などを使った蒸し方もありますが、専用の蒸し器というのも便利ですよね。

なぜ、蒸し料理が気になったかというと、

蒸すことで、「油を使わずに、ヘルシーな料理ができる」ことや、「茹でるよりも茹で汁に栄養分が流れてしまいにくい」ということに興味があったからです。

「蒸す」料理のレパートリーを増やしていきたいと思っています。

今回は、白身魚の蒸し料理に挑戦しました。

材料

・  白身魚

・  にんにく 3かけ

・  玉ねぎ 1個

・  しょうゆ 適量

作り方

魚

魚のはらわたとエラを取り、よく洗います。

下ごしらえ

下ごしらえ

にんにくを輪切りにし、玉ねぎもスライスします。

蒸し器に入れるお皿に、魚を入れて、しょうゆをかけて下味をつけ、にんにくと玉ねぎのスライスを乗せます。

味つけ

味つけ

蒸し器に入れて、15分ほど蒸して完成です。

補足

蒸し器がない場合、フライパンで、アルミホイルに包んで焼くことでも、蒸し焼きができます。

蒸すことによって、玉ねぎの甘みが引き立つようになりました。

このレシピには入れていませんが、ニンジンなどの野菜を蒸したときも、素材の甘みが他の調理方よりも引き出されているように感じました。

蒸し器の使い心地

直径31cmの蒸し器は、魚を入れた器も余裕を持って入れられるので、使いやすいです。

また、2段になっていて、茶碗蒸しや野菜を下の段に入れて同時に調理することもできてしまいます。

蒸し料理のレパートリーが増えると、まとめて加熱できるので時間の節約になりますし、エネルギー効率も良いですね!

蒸し器は収納には場所を取ってしまいますが、よく使えば、まとめて調理できる優れものだと思います。

油をほとんど使いませんし、焦げ目もつかないので、あとで食器や蒸し器を洗うときにも洗いやすいですしね。

蒸し器は、まだまだ色々と使い道がありそうです。

【蒸し器を探す】

ステンレス素材で、直径30センチ、蒸す段が2段になっているタイプです。

カニ料理の関連記事

カニはやはり毛ガニが美味しいと思う
カニはやはり毛ガニが美味しいと思う
年末の時期になると、なんだかカニが食べたくなりますね。 海鮮コーナーにもカニが置いてあったり、インターネットで注文できたりします。 ...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク