好きなカニ料理のメニューは?

毛ガニ
毛ガニ

カニ料理の定番は、茹でてポン酢や甘酢で食べたり、カニ鍋にするのが、まず思い浮かびます。

身のしっかりある大きなカニは、そのまま食べると美味しいですね!

一方で、カニ料理は、意外と他にもアレンジがありますので、今回は、いろんなカニメニューについてまとめていきたいと思います。

カニすき、カニのしゃぶしゃぶ

カニ

カニ

茹でたカニの身を、ポン酢や甘酢につけて食べる方法です。

カニを食べた!という感じがします。

大きなカニの足の身は、カニカマのようなボリュームがあり、かなりの満足感があります。身のぶ厚さでいくと、タラバガニが肉厚なように思います。

【カニカマ】

本物のカニではなくても、気軽に食べられるところがカニカマの良いところですね。

ズワイガニは、甘酢が合います。

カニの種類によって味がかなり変わりますが、カニそのものの味を楽しめる方法です。

大きめのカニが向いているメニューです。毛ガニも美味しいですよ!

※ 関連記事

カニはやはり毛ガニが美味しいと思う

カニ鍋

鍋

冬に食べたくなるメニューです。大きなカニを入れても美味しいですし、小ぶりなカニでも、ダシが出て美味しくなります。

カニの身を少し残しておいて、最後にごはんを足して雑炊にすると、カニ雑炊が出来上がります。最後に卵を溶いて混ぜると美味しいです。

カニの風味を存分に楽しむことができます。

カニグラタン

グラタン

グラタン

カニの爪や玉ねぎなどをホワイトソースで絡めて具を作り、器に入れてチーズを乗せてオーブンで焼くと、カニグラタンが出来上がります!

ホワイトソースによくカニのエキスがなじんで、美味しい仕上がりになります。

カニの爪をそのまま混ぜて作ると、豪華な感じに見えます。

冷凍食品コーナーで、カニの爪だけまとまって売っていたりするので、それを使うと便利です。硬い殻を切ったりせずにそのまま使えます。

カニクリームコロッケ

さらにクリームソースを固めに仕上げて衣をつけて揚げると、カニクリームコロッケができます。コロッケの場合は、カニの身を取り出す必要があります。

手作りで作ると、よりおいしく仕上がりますね。

カニ缶を使った酢のもの

きゅうりやワカメなどの酢のものに、カニの身をプラスすることもできます。

豪華な仕上がりになりますね。

カニ缶だと、一つずつカニの身を取り出す作業を省略できるので、助かります。

【カニ缶】

カニチリ(チリクラブ)

エビチリのような味付けで、かにを食べる方法です。

カニの殻ごと、適度な大きさに切って、そのまま炒めてソースに絡めます。

殻ごと使うので、ダイナミックでメイン料理として活躍します。

カニの身だけではなく、ソースにもカニのエキスがしみ込んでおいしく仕上がります。

まとめ

カニは、殻があって手間がかかることもありますが、おいしいですし、見た目が非常に豪華になります。

ちょっと殻を向くときに手が汚れたりしますので、テーブルにティッシュを用意しておくといいかもしれません。

おいしいものを食べれるならば、殻をむくのが大変でも、嫌がる人は少ないことでしょう。

おいしいものを食べれると、嬉しくなりますね!

※ グルメの関連記事

ぽっちゃりの人はおいしいものを知っている

【カニの注文なら】

タラバガニ/毛ガニ/ズワイガニなど蟹のグルメ通販サイト



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク