ユニクロの超極暖ヒートテックは寒さ対策の強い味方

「今年の冬もまた寒いな〜」と思うと、なかなか外に出たくなくなってしまいますね。

寒いのが苦手なので、なんとか暖かく過ごす方法を考えるようにしています。

ユニクロのヒートテックシリーズは以前からお気に入りでしたが、最近は、さらに暖かさが増している超極暖シリーズが出ています!

普通のヒートテックよりも温かさを感じられるという超極暖、極暖シリーズのインナーとレギンスを、さっそく試してみました。

今回は、寒い日に超極暖のインナーを着たときの感想について書きたいと思います。

超極暖シリーズ

超極暖
超極暖

この製品は、ヒートテック素材でありつつ、裏起毛が施されている特殊な織り方で、空気の層ができて、熱を逃がさないという仕組みになっているそうです。

それで、確かに、少し厚みのある生地になっています。とはいえ、シルエットがスリムなので、上に重ね着しやすいようになっています。

特殊な織り方なので、分厚過ぎることもなく、軽さはあります。

超極暖
超極暖

以前の普通のヒートテックに比べると厚みがありますが、暖かければ厚みが少々増したところでとくに困ることはありません。

少し厚みがあると、あたたかそうな感じがします。

薄いヒートテックではちょっと心配で、ヒートテックの2枚重ね着をすることを思えば、1枚で足りるほうが楽ですしね。

超極暖シリーズでも、インナーとして使いやすいほどの生地の薄さですし、無駄のないスリムなデザインで、ダボダボと布が余らないので、上に何を着ても、着心地が悪くならないようになっています。

同じく寒がりの友人の間でも、かなり評判の良いシリーズです。

めちゃくちゃ寒い日には、超極暖に加えて、さらにヒートテックを重ね着することにしています。

極暖シリーズ

極暖
極暖

普通のヒートテックの約1.5倍暖かいという宣伝のもと購入した、「極暖シリーズ」も、なかなかの優れものです。

極暖
極暖

やわらかい肌触りの裏起毛で、触った瞬間から暖かさを感じます。

裏起毛という表現だけを聞くと、厚みがありそうに聞こえますが、実際は結構うすい素材です。

それで、見た目には、重ね着でモコモコした印象を与えずに、しっかり暖かさをキープできるので、オシャレもできて、着る服も選びやすくなります。

部屋で過ごす時も、外に出たり、暖房の効かない環境での作業にも、体を冷やさずにいられる、心強い味方です。

これだけの暖かさがあるのに、セーターなどに比べると断然薄くてかさばらないところがいいところです。

ヒートテック

普通のヒートテックも、極暖も、超極暖も、どれも気に入っています。

気がつけばヒートテックシリーズが衣類の引き出しの中にどんどん増えていっています。

はじめ着たときには暖かさに気がつきにくいのですが、少し動くと、「あ、ヒートテックが効いているな」と実感できます。

薄い生地のヒートテックでも効果がありますし、冬真っ只中でさらに寒くなってきたら、ヒートテックの重ね着や、極暖、超極暖とさらに強いアイテムも使えると思うと心強いです。

まず、一枚買ってみて、気に入ったら洗い替えを買うような感じでもいいかもしれませんね。

体が冷えると、風邪を引いたり、お腹を壊しやすくなったり、元気が出ないなどと、何かと調子を崩しやすくなりますから、しっかりインナーでさりげなく防寒対策をしておけるといいですね!

 まとめ

以上が最近のお気に入りのヒートテック超極暖シリーズでした。

長袖のTシャツタイプとズボンの下にもはけるレギンスを持っています。

意外と脚全体からも冷えるので、レギンスタイプも手放せなくなっています。長ズボンの下にもおすすめです。

寒い冬でも、風邪をひかずに元気に過ごしたいですね!

※ 関連記事

旅行カバンは軽いものがおすすめーGUのリュックサックも向いている

寒さの厳しいときには、帽子をかぶるのが効果的

ユニクロの暖パンのレビュー(2019−2020)

年末年始の過ごし方ー大掃除でいつもより忙しくなる?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク