太ったな、と感じる瞬間

体重計
体重計

体重計に乗って実際に何キロか見なくても、「太ったな」と自分でわかる瞬間があります。

それは、たとえば階段を上るとき、ちょっと小走りで歩いたとき、服がキツくなったとき、鏡や写真で自分の姿を見たときなどです。

「あれ?」

「おかしいな?」

と思います。

自分で気がつくのもいい気分にならないかもしれませんが、他の人から「最近、太ったね」と言われると、ショックですね。

細すぎる人が、太ってちょうど良くなることもありますが、「太ったな」と感じるときはちょっと多過ぎることのほうが多いです。

自分だけは「たくさん食べても太らないから大丈夫」と思っていると、いつの間にか急に体重が増えていることもあるので、油断ができません。

※ 関連記事

太り始めるまでには時間がかかる

春にやせたいと思う理由

今回は、体重の増加を自分で感じる場面について、まとめてみたいと思います。

階段を登るときに重たい

階段
階段

階段を登っているときに、自分の体重が重たいと感じるとき、体重が増えている可能性が高いです。

今までよりも5キロ太ったとすると、5キロ相当のダンベルを持って上っているような感じだ、と想像すると、確かに負荷がかかっている感じがします。

一般的に、膝や腰が痛くなったときに、「体重を減らすといいですよ」というアドバイスを聞くことがありますが、確かに、自分の体重で体の一部とはいえ、重たくなったせいでの不都合が出てくることもありますね。

逆に、体重が減ると、階段の上り下りが楽になることがあります。

そして痩せすぎると、体力がなくなって、階段がキツくなります。

ちょうど良い加減が一番ですね!

顔が丸くなったと感じる

食べる
食べる

鏡を見て、何だか顔が丸くなったり、二重アゴになったりしてくると、太ったな、と思います。

メガネの人は、ほっぺたにメガネのレンズが触れるようになるかもしれませんね。

顔のまわりに変化があると、体重の増加に気がつきやすいです。

「そういえば、最近おいしいものをたくさん食べてたな〜」とか、「お菓子をよく食べてるな〜」とか、何か思い当たることがあると思います。

洗顔したり、化粧水をつけるときなどに気がつくことが多いです。鏡で見るだけではなく、実際に触るので、より現実味があるのでしょう。

(関連して、「洗顔の仕方で肌質はかなり良くなる!」の記事もどうぞ。)

お腹まわりなどはあまり変わらないのに、顔が丸くなることから変化が出る人は、何だかちょっと損しているような気がしますね。

太ってからやせると、シワができやすくなるという話も聞いたことがあるので、皮膚をたるませないためにも、一気に太らないほうがいいですね。

顔についての関連記事

服がキツくなる

今までピッタリだった服がキツくなると、太ったな、と思います。

特に、季節が変わって、久しぶりに着ると、それまでの間に太ったかやせたのかがわかりやすいです。

太ってサイズが合わなくなると、サイズ直しか、買い直す必要があるので、余分な出費になります。

お腹まわりや、首回り、袖の感じなどで、サイズの違いがわかります。

トールサイズの通販

あとから写真を見て気がつくことも

集合写真
集合写真

ふだん自分で鏡を見ているときには気がつきにくくても、あとでみんなと一緒に写った写真を見て

「あれっ?」「太ったかな?」

とわかるときもあります。

隣に写っている人と比べたり、客観的に自分の姿を見ると気がつくのです。

となりの人が、極端に細い人だったりすると、目の錯覚で余計に自分が太って見えることもあるので、気にしすぎなくても良いときもあります。

写真の場合、体をちょっと斜めに向けて写ったりすると、細く見えたりすることもあるので、写真の写り方を工夫するといいかもしれません。

写真を撮られていることを意識していない、無意識の自分の姿から、いろいろわかることもああります。

体重の変化のほかに、姿勢や表情も大きく印象を左右します。

たくさん食べているという自覚がある?

料理
料理

最近よくお腹が空くとか、たくさん食べているという自覚があるとき、実際の体重も増えていることが多いです。

たくさん食べれば、ほとんどの人は太ります。

「最近、ごちそうばかり食べてるな」とか、「外食やスイーツなどにかける食費が増えているな」といったことに思い当たるなら、食べすぎかもしれませんね。

脂肪分や糖分が多すぎるとバランスが悪くなります。

もちろん、健康のために、十分な栄養は不可欠なので、おいしいものを食べることに自体は悪いことではありませんよ!栄養バランスと量を調節できるといいですね。

関連記事カニはやはり毛ガニが美味しいと思う

まとめ

外食や宴会が続いたりすると、美味しいものを食べることになるので、太りやすくなります。程よく間隔を空けたり、あとちょっとのところを無理に食べないようにすると、体の負担を減らすことができます。

服のお腹まわりがキツくなって、階段で重く感じるようになったときに、体重が増えたのを実感したことがあります。

見た目だけの問題ではなく、太りすぎで中性脂肪や血糖値、血圧なども変化してくると、健康に影響してくるので、早めに体重の増減に気がついて、体調管理に役立てたいですね!

関連記事

ぽっちゃりな人は美味しいものを知っている

コロナ太りする原因は?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク