全身筋肉痛のときは入浴剤入りのお風呂に入ると回復が早くなる?

入浴剤
入浴剤

先日、久しぶりに体を動かしたら、ひどい筋肉痛になりました。

それも、全身です。あちこち痛くて、すごくスローな不自然な動きになっていました。

そして、寝返りを打つのも痛かったのです。

どれだけ体がなまっていたのでしょうね?

「あー、痛いな」と言いながらやり過ごしたのですが、さすがに動きが悪すぎて、日常の仕事にも差し支えるといけないので、なるべく早く回復させたいと思いました。

今回は、筋肉痛はお風呂に浸かると回復が早くなるか試してみました。

あたたかいお風呂に入ったら

やはり、疲れたからだにはあたたかいお風呂が一番だと感じまして、しっかり肩までつかりました。

でも、一回のお風呂では、手ごわい筋肉痛にはもの足りず、もうちょっとなんとか、、

劇的に効くとまではいかないな、というのが正直なところです。

それでも、お風呂に入らないよりは、入ったほうが疲れは取れると思いますよ。

※ お風呂の関連記事

お風呂に早めに入ろう! 疲れすぎると動けなくなるよ

入浴剤入りにしてみると

【きき湯 入浴剤】

次の晩には、入浴剤をしっかりと入れて入りました。

お湯の温度は変わらないのですが、カラダのポカポカ具合はというと、明らかにあたたかく感じました。

少し汗をかくくらいにです。

そして、お風呂から上がっても、持続してポカポカした感じが続きました。

これは、入浴剤がクセになりそうです。

筋肉痛の方はというと、寝返りが痛くなくなり、少しまだあるかな、くらいにまで、回復しました。

入浴剤を入れたほうがあたたまり、筋肉痛も和らぐような気がしました。

温泉気分を味わえるところがお気に入り

タオル
タオル

家にいながらにして、温泉にじっくりつかったような感覚を楽しめるのが、入浴剤のいいところです。

毎日温泉に行くのは難しいですから。

自宅で簡単にできるとうれしくなります。

以前スキーに行って全身筋肉痛になったときに、帰り道に近くの温泉に入っていったら、あとの疲れが少なかった記憶があります。

とくに、冬場にカラダが冷えていると、全身あたたまるので、筋肉痛がなくても温泉に入りたくなります。

筋肉痛の治り方

筋肉痛はけがではないので、とくに治療の必要はありません。

それにしても、全身筋肉痛になると、かなりキツイですよね。

あまりに痛いようであれば、気になって眠りにくくなるのもつらいので、冷湿布をはるのもいいかもしれませんね。

バンテリンを塗って、痛みが和らいだこともあります。

とはいえ、とくに何もしなくても少し様子を見るだけで、いつの間にか治ってしまうことが多いです。

【バンテリン】

 筋肉は強くもなるし弱くもなる

今回ひどい筋肉痛になってみて、筋肉がだいぶ弱っていたんだな、ということがわかりました。

ふだんあまりしない動きをしたからでしょう。

筋肉痛が治ると、筋肉が強くなるといわれています。

回復するまで少し辛抱すれば、その後は同じくらいの運動では、筋肉痛にならなくなります。

人の体は、よくできた造りになっていますね。

まとめ

ひどい筋肉痛の時に、お風呂に入ったら疲れが長引きにくかったように思います。

筋肉痛になりそうなときには、早めに温泉か、入浴剤入りの温かいお風呂に入るといいですよ。

また、寒い季節には、温かいお湯につかると、元気を取り戻せます。夏でも、できれば湯船に浸かったほうが、疲れが取れやすいです。

(関連:夏でも湯船につかったほうがいい理由とは?

※ 疲労回復などの関連記事

ユニクロの超極暖ヒートテックは寒さ対策の強い味方

目の疲れにはホットタオルが効く

肩こりがなかなか取れない原因は?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク