お風呂に早めに入ろう! 疲れすぎると動けなくなるよ

お風呂
お風呂

疲れたときに温かいお風呂にしっかりつかると、1日の疲れも和らぎ、気持ちがいいですよね〜。

ところが、疲れすぎてしまうと、お風呂に入るのも面倒になってしまいます。

いつもはお風呂に入るのが好きなのに、

「まずちょっと横になりたいよ〜」

「休憩してから、体を洗うことにしようかな」

「明日の朝、お風呂に入るから大丈夫。」

などと言って、その日のうちには風呂に入れなくなることがあります。

程よい疲労感は、気持ちよく眠るのに良いのですが、疲れすぎてしまうと、どうやらリズムを崩してしまいがちになってしまうようです。できれば早めにお風呂に入ってしまいたいものですね。

(関連:眠くなる方法

今回は、お風呂と疲労回復について書きたいと思います。

夕食前に風呂に入るのがおすすめ

玄関
玄関

夕方、家に帰ってから、夕食前の出来るだけ早いうちに入浴するのがおすすめです。夜ごはんを食べてしまうと、そのあとゆっくりしたくなってしまうので、結局お風呂がどんどん遅くなりがちです。

帰宅後、落ち着いたり、リラックスする前に、そのまま続けてお風呂まで行くという流れにしておくのです。早めに済んでいれば、あとで面倒に感じずにすみます。

毎日のことですから、早めにお風呂を済ませることを習慣にしてしまうと良いでしょう。

食事をしてしまうと、食べたものの消化のために体のエネルギーが使われるので、すぐに動くと調子が悪くなる人もいます。

また、リラックスしすぎて、お風呂に入るのが嫌になってきます。

食事の前に入っておかないと、どんどん遅くなってしまいますよ。

時間を有効に使う関連記事

お風呂に入りやすくする工夫

冬は脱衣所に暖房があると入りやすい

お風呂に入る気持ちを削がれるのは、冬場に、お風呂に入る前の脱衣所が寒いからかもしれませんね。

寒さを我慢しなければいけないと思うと入りにくくなるので、脱衣所にもストーブを置いて温めておくといいですよ。

電気ストーブだと、すぐに暖かさを感じられるので、寒い日に脱衣所のところに持っていくのもいいかもしれません。使い終わったら、忘れずに電源を切りましょう!

電気ストーブ

すぐそばで使えば、電源を入れてすぐから温まれます。

できるだけ早く入浴し、ドライヤーで髪を乾かす

夜遅くなると、寒さが増す感じがしますし、お風呂から上がった後も、しっかり髪を乾かさないと、余計に冷えてしまいます。体を冷やさないようにする工夫が必要ですね。

お風呂から上がったら、髪をドライヤーで乾かすと、そのあと冷えにくいです。

(関連:ドライヤーで髪を乾かすときのコツ

冬の時期は、日が沈むのが早く、すぐに暗くなるので、「いつも以上に早めにお風呂に入ろう!」と思っているくらいがちょうど良いのかもしれません。

どうしようもない時もあるよ

疲れ
疲れ

ときには、本当に疲れ過ぎて動けない時もあるので、仕方がない時もあります。

疲れてそのまま寝てしまうこともありますし、家族や仕事の都合で、夕食前にお風呂に入れないことだってあります

完璧にはできなとしても、なるべく早めにお風呂に入るのを意識していると、早めにできることが大きくなるでしょう。

できる日は、「夜ごはんの前に入る」のがおすすめです!

スッキリして疲れを取ろう!

お風呂に入った方が、さっぱりして疲れを取れやすくなります。

それで、とても疲れたと感じる時ほど、本当はお風呂に入ってスッキリすると良いのです。

早めに入浴を済ませておけば、夜眠るときにも、「お風呂に入りそびれた」という後悔を感じることなく、気持ちよく眠れます。

※ 疲労回復の関連記事

シャワーでも、浴びないよりは良い

ゆっくり湯船に入ることができれば理想的ですが、そんな気力がない時や、夏場などは、シャワーにする人も多いと思います。

とはいえ、夏でも、出来るだけ湯船にしっかりつかったほうが、疲労の回復が早まりますよ。

湯船の関連記事

湯船につからないとしても、何も体を洗わないよりは断然スッキリします。

シャワーでも良いので、早めの時間に入ると良いでしょう。

まとめ

早めにお風呂に入り、早く寝ることができれば、体調を整えて、次の日もスッキリした気分になれますね。

冬は寒くて、脱衣所で着替えるのが寒そうなことが一番大変かもしれません。逆に、夏はよく汗をかいてベタベタするので、お風呂やシャワーなしにはできなくなりますね。

良いリズムが刻めると良いですね!!

※ 毎日の疲れを取る方法の関連記事

やらなければいけない仕事ほどやりたくないとき

目の疲れにはホットタオルが効く

眠くなる方法

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク