リキッドファンデーションとパウダリーのどちらにしようか迷ったら

メイク
メイク

ファンデーションというと、コンパクトに固形に固めたパウダーが入っている、パウダリーファンデーションをイメージする人も多いかもしれませんが、実際にはいくつかの種類があります。

大きく分けるとすると、「パウダリーファンデーション」と「リキッドファンデーション」、また「クリームタイプ」などがあります。

これまでとファンデーションをちょっと変えてみたい時には、化粧品ブランドだけでなく、ファンデーションのタイプの特徴も知っておくと、決めやすいですよ。

今回は、ファンデーションのリキッドタイプとパウダリーの違いと特徴について書きたいと思います。

パウダリーファンデーションの特徴

ファンデーション
ファンデーション

パウダリーファンデーションの場合、ケースを開くとコンパクトに鏡がついていて、ささっとファンデーションをつけることができます。

パフも中に入っていて、外出先でもすぐに使えるようになっています。

テカらないとか、フィット感があるとか、くずれにくいとか、色々と工夫されているものが多いです。

パウダリーの長所と短所

どのメーカーのどのシリーズの商品を選ぶかでだいぶ仕上がりが変わってきますが、パウダリーファンデーションの長所と短所を見てみましょう。

・ 化粧ポーチにコンパクトに収納できる

・ カバー力がしっかりあるものが多い

・ 固形パウダーが割れてしまうことがある

・ リキッドファンデーションよりも早くなくなる

・ ヨレたりしやすい

リキッドファンデーションの特徴

リキッドファンデ
リキッドファンデ

リキッドファンデーションは、仕上がりがよく、フィット感がしっかり出てヨレたりくずれにくいものが多いです。

ただし、外出先でささっとメイクするには、手にリキッドがついたりして汚れやすかったりすて、パッと出して化粧を直すのには向きにくいかもしれません。

リキッドの長所と短所

・ 自然な感じの仕上がりにしやすい

・ 仕上げに、パウダーをつけることが多い

・ リキッドファンデーションと仕上げのパウダーの両方持つと、ポーチがいっぱいになる

・ リキッドファンデを伸ばすのに手を使うと、汚れる

・ パウダリーよりも化粧品が長持ちすることが多い

両方を使い分けると便利

ポーチ
ポーチ

家でメイクする時には、リキッドファンデ、外出先ではパウダリーファンデといった具合に使い分けるのも良い方法です。

外出先で、仕上げのルースパウダーをつけると、まわりに粉が落ちたりしやすいですし、荷物もかさばってしまいます。

パウダリーファンデーションでも、とてもキレイな仕上がりにできるものがあります。化粧品は、パッケージやブランドイメージだけでなく、研究されて高機能な品質が加わって値段が高いものもあります。

以前、ランコムのパウダリーファンデーションを使ってみたら、仕上がりが良かったです。

肌の毛穴や小さなシミを見えなくし、テカらず、素肌よりも美しく仕上がりました。

シミなどは、どうしてもできてしまうので、ファンデーションでカバーできると嬉しいですね。

シミやホクロの関連記事

最近では、リキッドファンデーションを使っています。

仕上げのルースパウダー

リキッドファンデーションの仕上がりが自然になるのは、このルースパウダーのおかげでもあります。

ファンデーションと同じシリーズではなくても大丈夫です。

仕上げの粉は、色の種類が少ないことが多いですが、白すぎないほうが自然だと思います。首との色の差があまりないような色味にするのがおすすめです。

リキッドファンデのあと、ルースパウダーをつけずに、粉っぽくしないというメイクの方法もあるようです。

ファンデーションの色についての記事

まとめ

パウダリーファンデーションで、高機能なものもありますが、リキッドファンデーションも自然な感じになりやすいのでおすすめです。

顔の角度を変えるときに、何となくキラキラっと輝くパウダーもあり、きれいです。

アイシャドウのラメのようにぎらぎらせず、ごく小さなラメが程よいバランスでキラッとするのは、気に入っています。

リキッドファンデーションを使うことにしても、外出先でのメイク直しなどのために、パウダリーファンデーションも合わせて持っているのも便利ですよ。

メイクの関連記事

メイク用のパフを洗うとお化粧のノリが良くなるよ

化粧下地に加えて日焼け止めも塗ったほうが良いか?

顔のムダ毛は意外と見られているー薄いひげに注意

夏にしておきたいスキンケアの方法

【美容・エステ】

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ:BSS脱毛

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク