シャープペンもいいけれど、エンピツも書きやすい理由

鉛筆
鉛筆

小学校の頃には、学校で毎日エンピツを使っていましたが、中学、高校になると、シャープペンを使うことが多くなって、

さらに大人になる頃にはペンで書いたり、パソコンでレポートを作成するなどすることが増えてエンピツの出番がすっかりなくなっていました。

これまで、カッコイイお気に入りのシャープペンを使うことが気に入っていましたが、最近では、鉛筆も書きやすいな、と思うのです。

マークシート式の試験用にも鉛筆は向いていますが、それ以外のときにも使いやすいですよ。

今回は、最近鉛筆が気に入っている理由についてまとめていきたいと思います。

エンピツはこわれにくい

シャーペンは、 時として持ち運んでいる間に部品が分解してしまって芯がうまく出ない時があります。

これは、丈夫なシャープペンであったり、丁寧に管理していれば問題にならないのですが、ちょっと雑に扱われる時には、よく起こります。気に入っていたシャーペンが壊れると悲しくなりますね。

最近では、芯が折れにくいシャープペンシルも開発されているので、このようなシャーペンを選ぶと安心かもしれませんね。

(関連:デルガード(ゼブラ)芯が折れないシャーペンのレビュー

一方で、えんぴつは、これ以上ないくらいシンプルな構造になっているので、修理に困ることはありません。

鉛筆の先を削ればすぐにまた使えるようになります。

小型の手動の鉛筆削りがあれば、、もし芯の先が丸くなってもまた削って書きやすくなります。

【鉛筆削り】

小型の鉛筆削りは、筆箱の中にも入るので、持ち運びも難しくありません。

書きやすい

書く
書く

シャーペンの魅力は、常に芯の先が細いままで字が書きやすいことにあります。エンピツは先が丸くなるとはいえ、先が細すぎないゆえに書いていて疲れにくく、濃く書くこともできて使いやすいと感じることがあります。

力を入れても、入れなくても、エンピツの方が自由に書きやすく、太く書いたり、塗りつぶしたりする作業にも向いています。

それで、マークシート式で記入する時には、エンピツの方が向いています。

塗りつぶしの時には、Bの濃さも使いやすいです。

そして、エンピツはうっすらと下書きを書くのにも向いています。あとから消しやすいです。

肩が凝りにくい

以前に比べて、長時間字を書くと、肩がこるようになってきました。

なんとなく、鉛筆で書くほうが、肩が凝りにくく感じます。

個人的な好みの問題もありますが、鉛筆の方が書いていて楽に感じます。

※ 疲労回復の関連記事

全身筋肉痛のときは入浴剤入りのお風呂に入ると回復が早くなる?

コストが安い

シャープペンの方が、芯だけ買えば良いのでやすいように思えますが、鉛筆もなかなかのエコです。

一本数十円で買えて、一本を使い切るのには、かなりの期間かかります。

だんだん短くなる様子に、たくさん勉強したと実感しやすくなります。

昔は、お気に入りの鉛筆が短くなって無くなってしまうのが寂しかったのですが、今となっては、短くなくなるまで使うには、かなり使うことになるので、それだけたくさん書ければ十分満足だと感じられます。

芯で汚れやすいという弱点も

鉛筆の弱点の一つは、そのまま入れると、鉛筆の芯がいろんなところについて黒く汚れてしまうことです。

また、芯の先が折れて、書けなくなってしまうこともあります。

それで、鉛筆キャップをすれば、大丈夫です。

芯の先や、他の持ち物が黒くなるのを防ぐことができます。

エンピツユーザーはあまり多くないので、エンピツキャップを探すのが面倒に感じるかもしれませんが、

エンピツキャップは、自分で手作りすれば、お店まで探しに行かなくても大丈夫です。

※ エンピツキャップの関連記事

まとめ

エンピツは、小学生が使うイメージもありましたが、最近は使いやすさを見直しているので、エンピツを使うことが増えました。

ただし、各種書類は、消せないインクのペンで書くことになっているので、使い分けが大切です。

合わせて、美しい字を書けるようになりたいな、と思います。

※ 勉強や文房具の関連記事

字の美しい人は得をしている!

頭を使うとお腹が減るー脳にも栄養を!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク