デルガード(ゼブラ)芯が折れないシャーペンのレビュー

デルガード
デルガード

ネットショッピングで文房具を選んでいたら、この折れないシャーペン(DelGuard)がとても気になったので、購入してみました。

人気商品だということで、なぜそこまで人気があるのか知りたくなったからです。

「デルガード」という種類で、製造しているメーカーはゼブラです。

ヨドバシドットコム通販サイトで、シャープペン部門での人気商品になっていました。

時代はペーパーレス化が進んでいるとはいえ、手書きすることもまだあります。とくに学生の人は、書くことが多いはずです。書きやすい筆記具かどうかは、勉強へのやる気にもつながりますね。

見た目のデザインも良く、機能性も良い製品ならば、人気が出るのもうなづけます。

今回は、シャープペンシル(デルガード)を使ってみた感想について書きたいと思います。

折れないという機能性

デルガード
デルガード

折れないシャーペン、ということが最大の特徴となっています。

これまで、デザインがカッコいいとか、長時間書いても疲れない、という特徴のものが多かったところに、折れないことを追求したのは新しい発想ですね。

購入してから2週間以上経ち、何度も使用していますが、まだ一度も芯が折れていません。

通常のシャーペンの折れやすい使い方として、書いているときに、シャーペンをくるっと持ち直したりした時に、芯の角度が変わって、斜めの力がかかるときなのかもしれません。

この新しいシャーペンの場合、どんな角度から書いても、シャーペンの芯がどんな角度に削られている途中でも、全く折れそうな気配がしないので、安心して書き続けることができました。

メーカーさんのサイトの説明によると、スプリングが入っていて、垂直方向や斜め方向から力が加わったときの衝撃を和らげることができるような構造になっているそうです。

折れない安心感

これまでは、折れるか折れないかを意識しているつもりはありませんでしたが、実際に芯が折れないシャーペンを使ってみると、これまでよりも書いているときのストレスが減った感じがしました。

書いているときだけでなく、芯を出したりしまったりするとき、シャーペン本体の中で折れてしまうというリスクも少なくなっています。

「さあ、これから書き始めよう!」

というときに、芯が折れていることがわかると、芯の交換のために余分な手間や時間がかかってしまいますね。

芯がうまく出るかどうかを気にすることなく、すぐに書き始めることができるというのは、けっこう快適なのだということを改めて気がつきました。

デザインもカッコいい

シャーペンを選ぶときに注目することの一つは、デザインです。

この折れないシャーペンは、デザインもカッコイイです。いろんな色があり、手で握る部分は透明な素材も使われていますが、芯の汚れが目立たないようになっているので、しばらく使っても見た目が良いままを保てます。

色のバリエーションも多いので、好きな色を選べますよ。

重さは、軽めで、芯先のほうに重心が来るような感じで、書きやすいです。

今回購入したのは、0.5mm芯のタイプでしたが、他にも0.3mm、0.7mm芯のバージョンもあります。価格は、450円+税ですが、お店によっては、割引価格で購入できることもあります。

ネット通販などの場合、送料にどれくらいかかるかも合わせて考えると良いですね。

まとめ

DelGuard の0.5mmのシャーペンは、見た目も使ってみた感じも気に入っています。

書きやすく、デザインも好きなシャーペンだと、勉強や仕事もはかどるような気がしますね!

【デルガード】

手書きの関連記事

手書きにするほうが記憶に残りやすい?

字の美しい人は得をしている!きれいな字に見せるコツとは?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク