コンタクトレンズを使うときの注意点

レンズ
レンズ

眼科に行くと、眼の健康のためにポスターがよく掲げられています。

コンタクトレンズの使い方が悪かったために、白眼が充血したような写真などです!

眼の健康を考えずにコンタクトレンズを間違った方法で使用すると、眼を傷めてしまうことがあることを、眼の定期検診のときに思い起こすことになります。

慣れてくると、眼に負担をかけていることを忘れてしまいがちなので、油断せず、いつも気をつけていきたいところです。

今回は、コンタクトレンズを使う際に気をつけたいことをまとめていきたいと思います。

レンズを触る前に石けんで手を洗う

せっけん
せっけん

手や指先には、想像以上に細菌や汚れがついています。

レンズのつけ外しの前には、石けんでよく手を洗いましょう!

もしもレンズを入れる前に汚れた指で触ると、直接眼に触れる部分が汚くなり、眼に雑菌が入ったり、ホコリがついて眼にキズがついたりしてしまいます。

眼の健康のためには、まず清潔さです。

水ですすぐだけでは油分が手に残って、レンズがくもったりする原因となります。

石けんでも、ハンドソープでも構いませんので、しっかり汚れを落としましょう。また、しっかり泡をすすいで石鹸や洗剤成分が残らないようにします。残っていると、洗剤が目に染みて痛いです。

また、朝は、お化粧をする前に、コンタクトレンズを入れたほうが良いです。お化粧品には、油分がたくさん入っていて、石けんで洗っても一度では落ちきらないこともあるからです。

それで、コンタクトレンズをはめてからお化粧したほうが、スムーズにレンを入れることができますし、自分の顔もピントが合ってはっきり見えるようになるので、メークがしやすくなるでしょう。

※ メイクとコンタクトの関連記事

レンズケースは洗ってから乾燥させる

ケース
ケース

レンズをはめたあと、レンズケースを洗ってから、水気を切って乾燥させておくと、雑菌が増えにくくなります。

雑菌は水分が好きだからです。

また、定期的に、新しいレンズケースに交換すると、衛生的です。

コンタクトレンズの洗浄液を購入すると、おまけにレンズケースがついてくることがありますので、そういったケースを十分に活用しましょう。

早めにレンズを外そう

鏡

装用時間を守りましょう。

初めてコンタクトレンズをする時には、短い時間から始めて、初めの一週間は少しずつ装用時間を長くしていくのが一般的です。

その後、慣れてくると夜寝る直前までつけたりしてしまって、長くなり過ぎることが多いです。

本来は、家に帰ったらすぐにコンタクトレンズを外すくらいがちょうど良いように思います。

視力が悪いと裸眼では見ずらくなるので、コンタクトレンズを使う人もメガネを用意しておくといいですよ。

メガネの関連記事

違和感を感じる時には、無理にコンタクトレンズを入れない

眼はとても敏感な器官です。

小さなホコリが眼に入ってもとても痛くなります。

「目が痛いと感じる時」には、何か原因があります。

急いでいたとしても、一度レンズを外し、レンズに汚れやキズがついていないか確認してください。

汚れやキズがなくてもまだ痛む時には、レンズを外し、眼科で異常がないか診てもらうことをおすすめします。

春先などは、風が強くホコリが舞いやすいです。

眼にゴミが入ると、コンタクトレンズや、眼球の表面にキズがつきやすくなりますので、ホコリっぽいところに行く時には、メガネのほうが良いかもしれませんね。

花粉症などで、目がかゆくなる人も、レンズが入っているのに目をこすると、キズがつきやすくなるので、アレルギー症状がある時には、メガネで過ごしたほうがよさそうです。

※ コンタクトの関連記事

ハードレンズで目にゴミが入ると相当痛い

居眠りに注意

眠る
眠る

コンタクトレンズを入れたまま眠らないように、

と、使い方の説明を受けるときに注意されます。

夜寝るときには外すのはほとんどの人が守っていると思いますが、うたた寝も本来は良くありません。

電車での通勤や登下校のときに、うたた寝をすると気持ちがいいですが、コンタクトレンズが入っているときには起きているようにしましょう。

同じような理由で、家で昼寝をする前にもレンズを外しましょう。

あまりに眠くて、コンタクトレンズを入れたままうたた寝をしたことがありますが、そうするとレンズが乾燥して外れやすくなってしまいました。

また、眼に張り付くような感じにもなります。

眼に悪そうな感じが自分でもわかりました。

また、レンズを落としてしまいやすくなります。

うたた寝も含めて、コンタクトレンズを外してから眠るようにしましょう!

※ 眠る前に外す関連記事

疲れていても、眠る前にコンタクトレンズを外すようにしよう!

まとめ

以上が、眼の健康のために注意できることでした。

コンタクトレンズを使うのに慣れてくると、長時間つけたままにしたり、そのまま居眠りしたりしてしまいがちなので、意識的に目を休ませてあげるようにしたいですね。

目の調子の悪いときには、メガネを使うなど、無理をさせないようにするといいと思います。

目を大切にしましょうね!

※ 目の健康の関連記事

目のストレッチの基本的な方法

目ヂカラー疲れは目に表れる

コンタクトレンズで目ヂカラはアップするか?

インターネットで注文できます

レンズアップルでは、ソフトコンタクトレンズの種類が多く、注文してから届くのが早いので、利用しやすいですよ!

超特価!コンタクトレンズ通販の専門店【レンズアップル】



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク