コーン缶を使ったコーンポタージュスープの作り方

コーンスープ
コーンスープ

コーンスープとパンは、朝食や昼食のメニューにしたい時がありますね。

温めるだけだったり、お湯をかけて作るコーンスープもありますが、コーン缶を使っても比較液簡単にコーンスープを作ることができてしまいます。

コーン缶は、粒そのままのもの、ペースト状少し粒が残ったペースト状というように、大きく分けて3種類ほど形状があります。

家にミキサーがあれば、粒ごとのコーン缶を牛乳と一緒にミキサーにかければ、ペースト状にできます。

もし、家にミキサーがなくても、ペースト状あるいは、半ペースト状のコーン缶を選べば、自宅でもコーンポタージュが作れます。完全にペースト状になっていないコーン缶を使うと、コーンのツブ感もいくらか楽しめますよ。

材料

・コーン缶 1つ

・牛乳 250ml

・コンソメスープの素 1個

作り方

鍋にペースト状あるいは半ペースト状のコーン缶の中身を入れます。

空になったコーンの缶に7−8分目くらいの牛乳を量り、加えます。

全体を混ぜて、コンソメスープの素を1個入れ、溶かします。

全体に沸騰して温まったら完成です。

クリーミーな食感にしたい場合

粒タイプのコーンを牛乳と一緒にミキサーにかけてから、ザルなどで粒を濾すと、クリーミーな食感になります。

または、ペースト状のコーン缶を選びます

コクを出したいときには、少し生クリームを加えるか、バターを加えます。

あっさりしたいときには、少し水を加えても良いです。

牛乳の量は、お好みで増やしたり減らしたりできます。

思ったより簡単にできる

基本的に、コーン缶を使うと本格的な作り方に感じますが、牛乳とコンソメスープの素を入れて温めるだけなので、簡単に作れます。

他に味を加えなくても、コーンスープの味になりました。

多少牛乳の量が増減しても、それなりのコーンスープができて、失敗しにくいと思います。

牛乳を使うので、長く加熱したまま放置すると、吹きこぼれたり、鍋の底が焦げついたりしやすいことには、注意が必要です。

コーンスープと合わせて食べたいもの

朝食

朝食

食パンのトーストや、バターロール、フランスパンなどと一緒に食べると美味しそうですね。

もう少したくさん食べれそうであれば、フルーツやサラダ、目玉焼きなどがセットだとさらに豪華になりますね。

休日の朝ごはんなどにもおすすめの一品です。

朝食の関連記事

朝ごはんにできるメニューのアイディアを集めてみました
朝ごはんにできるメニューのアイディアを集めてみました
朝に何を食べたい気分かどうか考える時間と余裕がないこともあるので、朝ごはんメニューの一覧を作ってみました。 毎朝、定番メニューが良い...

まとめ

コーンスープは、コーン缶から自分で手作りできるので、コーン缶と牛乳とコンソメスープの素があれば試してみてもいいかもしれませんね。

思った以上においしく簡単にできました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク