テレワークでは、座りやすい椅子をそろえたくなる

デスクチェア
デスクチェア

自宅で仕事や作業をする時間が増えると、長時間座っても疲れにくい椅子や、気分転換に座りたくなるソファなどが気になりますね。

ホームセンターや家具屋さん、事務用品などのお店でも、テレワークにおすすめな椅子やくつろぎグッズなどが並んでいたりします。

お仕事となると、疲れない椅子に特に注目してしまいます。

また、椅子に置くクッションなどを工夫することでも、座り心地がだいぶ変わったりします。

今回は、テレワークに良さそうな椅子についてまとめていきたいと思います。

オフィス用の回転するデスクチェア

本格的に長時間座ることが多い人は、一般的なオフィスでも使っているようなデスクチェアが座りやすいと思います。

ちょっとアイディアが煮詰まってしまったときや、軽くリフレッシュしたいときに、回転椅子で左右に回したりすることで、気分転換しやすくもなるかもしれませんね。

回転させるのは、ぐるぐる回すためのものではなくて、立った状態から座るときに座面の向きを変えて座りやすくするためだと思います。

激しく回転したり、キャスターが付いているからといってザーッと滑ったりして遊ばない方が良いでしょう。イスの故障や転倒を防ぐことができます。

オフィス用チェアを選ぶポイント

新しくそろえようと思うと、チェアの種類も多く、価格帯の幅も広いので、迷うかもしれません。

社長用の椅子のように、背もたれが高く、時には本革が使われているようなものは、高級ですが座り心地が良いです。

とはいえ、自宅で使う場合、椅子とセットで使うデスクの大きさや部屋の広さに合わせて、ちょうど良い大きさのものの方が使いやすい場合もあります。

サイズや肘掛けの有無などを確認しておくのがおすすめです。

例えば、立派な肘掛けがついた椅子にしたら、その肘掛けのところが机や引き出しに引っ掛かって使いにくかったりすることもあります。

選ぶ時には、

【デスクチェアを選ぶポイント】

・サイズ
・肘掛けの有無
・座面や肘掛けの調節機能
・背もたれの高さ
・クッション
・材質(布、合皮、レザーなど)
・価格

などを考えることができます。

ソファは長時間の作業には向かないかも

自宅で作業するなら、ソファーにすることも自由かもしれませんが、座り心地の良いソファーでも、長時間座ったままでいると、腰が痛くなったりしやすくなります。

ソファーは、休憩やリフレッシュタイム用に使う方がおすすめです。

カフェのような、おしゃれなソファーがある部屋はかっこいいと思います。

ただ、テレワークでも疲れにくく、おしゃれで完璧なものを選ぶのはけっこう難しいので、少しずつそろえていくのがいいと思います。

1人掛け用、3人掛け用など、ソファにも色んな種類がありますね。

座椅子も良さそう

ソファーにこだわらず、座椅子を置いてリラックスするのも良いかもしれませんね。

地面と座面が違いと落ち着く場合もあります

こたつにも足元を入れることができます。背もたれがるいているので、座布団だけよりも疲れにくいです。

ただし、座椅子もどちらかというとソファのようにリラックスタイム用かもしれません。

この座椅子は、疲れにくい姿勢になるように工夫されて設計されているようで、作業用にも使えるかもしれませんね。

1人用テーブルこたつ

冬の時期、寒がりな人には1人用のテーブルこたつという選択もできます。

冬の時期にデスクやチェアをそろえるとしたら、テーブルこたつも良いと思います。1人用だと、「パーソナルこたつ」というジャンルになるようです。

夏や暖かい時期には、こたつタイプにしようという発想がわかないかもしれませんね。

まとめ

気に入ったチェアで作業することで、疲れを軽減できたり、ちょっと楽しくなったりできるかもしれませんね。

デスクワークなどの作業するには、背もたれありの椅子で、ソファではないものがおすすめです。いくつかの椅子を試したら、背もたれがある方が疲れにくかったです。肘掛けはどちらでもいいと思います。

 

自宅で作業すると、休憩を取らずに根を詰めて作業してしまうこともあります。眼や腰を痛めてしまわないよう、上手にリフレッシュできるといいですね!

 

関連記事

目のストレッチの基本的な方法

お風呂に早めに入ろう! 疲れすぎると動けなくなるよ

デスクワークや勉強で、眠たくなって困るとき

おうち時間が増えてガーデニング始めました

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク