コロナ太りする原因は?

ステイホーム
ステイホーム

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策で、外出を控えたり、在宅ワークになったりして生活様式が変わって、体重が増えたり逆に減ったりしやすくなっています。

「コロナ太り」という言い方も聞かれるようになりました。

実際、人とあまり合わず、話もせず、カラオケもせず、通勤やレジャーでの外出も無くなれば、運動量が減っているのは確かです。

家にいることが増えると、間食も多くなっているかもしれませんね。

生活スタイルが変わったら、それに合わせて健康管理も見直すことが必要になってきますね。

今回は、コロナ太りになりやすくなる原因について書きたいと思います。

運動不足になるから

外出を控えているなら、運動不足かもしれません。

通勤していたのが在宅ワークになったりすると、通勤と帰宅が必要なくなるので、運動量が減ってしまいますね。

休日の過ごし方も、ショッピングやレジャーに出かけていたかもしれませんが、自粛して部屋で過ごすことが増えた人も多いと思います。

 

関連記事

休日のおうち時間の過ごし方
休日のおうち時間の過ごし方
連休があると、旅行などをするチャンスになりますが、外出するよりも、家でゆっくりしたり、普段はできない片付けや大掃除、衣替えなどをするのにも...

食べすぎているから

お腹

お腹

自分ではあまり自覚していないかもしれませんが、食べる量が増えているかもしれませんね。

自宅にいると、食べ物が目に入りやすく、食べても良い環境にいれば、食べる回数や量が増えやすいです。

また、体力を十分につけたいという、コロナ予防の意味でも、栄養のあるものを意識的に摂るようにした結果、カロリーオーバーで太ってしまうこともあります。

ちょうど良い量を食べるというのは、案外難しいいことがあります。

 

ストレスがかかっているから

今までと生活様式が変わり、ストレスを感じていることも、太りやすくなる原因になるかもしれません。

ストレス解消法が、コロナ対策中は制限されることになり、食べることに集中しやすくなります。

また、ストレスによって睡眠不足になったり、生活リズムが不規則になることも、体調管理の面では良くありませんね。

程よく気晴らしをして、ストレスをためないことも必要になりますね。

 

リフレッシュの関連記事

おうち時間が増えてガーデニング始めました

解消法① 運動をすることと、食べすぎないこと

太るのを予防するために、運動ができると良いですね。

試しに、ウォーキングやサイクリングを試したことがありますが、運動すると、気分も爽やかになります

また、自宅でストレッチすることでも、かなり意識を変えることができ、姿勢を良くしたり、体の調子が良くなったりもします。

ただし、運動して体を動かすのが久しぶりだと、そのあとの筋肉痛がキツイかもしれません。

筋肉痛にならないようにするのは難しいかもしれませんが、体を痛めてしまうと良くないので、最初は軽めの運動やストレッチからするのがおすすめです。

 

運動の関連記事

ウォーキングをして効果があったこと

ウォーキングに最適なのは何分くらい?

解消法② よく睡眠をとること

睡眠不足は、色々な不調の原因になります。

起きている時間が長いと、お腹が空いて食べる量も多くなりますし、十分な睡眠が取れていないことで代謝が下がりやすくなるかもしれません。

意識的に早めに就寝できるよう、予定を調整していきたいですね。

 

関連記事

お風呂に早めに入ろう! 疲れすぎると動けなくなるよ
お風呂に早めに入ろう! 疲れすぎると動けなくなるよ
疲れたときに温かいお風呂にしっかりつかると、1日の疲れも和らぎ、気持ちがいいですよね〜。 ところが、疲れすぎてしまうと、お風呂に入る...

まとめ

コロナで、生活スタイルが変わった人は多いと思いますが、どのように変化したのかは、いくつかのパターンがあり、太ってしまった原因はそれぞれ違うかもしれませんね。

食べすぎ、運動不足、ストレスがかかっているなど、自分に当てはまる原因に思い当たるものがあるなら、少し対策しやすくなると思います。

気分転換や、適度な運動は、ストレス解消や、コロナ太りへの対策になります。

ソーシャルディスタンスを取りつつも、散歩などの運動やストレッチなど、できることは意外とあるので、うまく取り入れていきたいですね!

 

コロナ対策の関連記事

コロナ対策グッズ特集
コロナ対策グッズ特集
新型コロナが流行するようになってから、店頭でよく見かけるようになったものや、一時品薄になったもの、新しく見かけるようになった商品などがあり...

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク