モロヘイヤサラダの作り方

モロヘイヤ
モロヘイヤ

夏野菜のモロヘイヤをスーパーで見かけると、つい買ってしまいます。お気に入りの食べ方は、モロヘイヤサラダです。

トマトと、茹でたモロヘイヤを和えて作ります。

モロヘイヤは、茹でると少しぬめりが出てくるのが特徴的ですね。ぬめりはあるものの、味はクセがあまりなく、食べやすい野菜です。

今回は、モロヘイヤとトマトのサラダの作り方を紹介します。

作り方

【材料】
・モロヘイヤ 1束
・トマト  1個
・ポン酢 適量

手順

モロヘイヤの葉を茎から取り、水洗いします。

モロヘイヤ

モロヘイヤ

鍋に湯を沸かしてから、モロヘイヤの葉を入れ、20秒ほど茹でます。(鮮やかな緑色になったらOK)

湯を切ってから、モロヘイヤをざく切りにします。

モロヘイヤ

モロヘイヤ

トマトを切って、モロヘイヤと混ぜます。

モロヘイヤサラダ

モロヘイヤサラダ

味付けはポン酢を和えます。

モロヘイヤサラダ

モロヘイヤサラダ

モロヘイヤの茹で方のコツ

葉にはすぐに火が通るので、湯が沸騰してから葉を入れ、短時間で茹でます

20秒くらいが目安ですが、葉の色が鮮やかになったら湯から出してOKです。

【茎も茹でる場合】

このレシピでは、モロヘイヤの葉のみを使っていますが、茎も茹でて加える場合には、先に茎を入れ、40秒後に葉を入れて合計1分したらまとめてざるに開けるようにすると良いです。

茎 →  →  →  (1分茹でる)

             葉 →  (20秒茹でる)

夏におすすめのメニュー

モロヘイヤもトマトも、夏が旬の野菜です。トマトとモロヘイヤは相性が良いと思います。

たくさんあるように見えるモロヘイヤも、一度茹でるとかさが減るので、たくさん食べることができますよ。

味付けは、ポン酢だけでも美味しいですし、お好みで酢味噌や、青じそドレッシングなどに変えてみてることもできます。

夏メニューの関連記事

ゴーヤの佃煮の作り方
ゴーヤの佃煮の作り方
ゴーヤを佃煮にすると、ごはんによく合って、食が進みます。 佃煮の味付けだと、ゴーヤの苦味が気にならなくなるという人も多いです。好みに合わせて...
夏にお家で食べる昼ごはんの定番メニュー
夏にお家で食べる昼ごはんの定番メニュー
暑い時期には、あまり火を使わないでも調理できるメニューも食べたくなりますね。 茹でるときに火を使うとしても、冷やし中華やそうめんなど...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク