まずは5分から始めると上手くいく

ストレッチ
ストレッチ

片付けでも、勉強でも、やり始めるまでがけっこう大変で、やり始めてしまえば、けっこう楽しくなって続けられることがあります。

早く取りかかれば良いのですが、なかなか気がすすまないこともよくあるものです。

最後まできちんとやろうと思うと、簡単な気持ちで始められなかったりするからです。

何もしないよりは、5分でいいから何かしようと始めてみたら、たった5分でもいろんなことができることに気付かされました。

キッチリ全部しなくても、ある程度できていればOKだということも日常生活ではよくあります。

今回は、5分でできることと5分だとはかどる理由について書きたいと思います。

5分でできる片付け

洋服
洋服

たった5分で、どれくらい部屋をきれいに見せられるでしょうか?

細かく見ていくと、5分で全ての片付けを仕上げることはできませんが、ぱっと見の印象を変えることはできます。

例えば、

5分でできる片付け

・ 玄関の靴をそろえる

・ 洋服をハンガーにかける

・ 食べかけの食器を台所に持っていく

・ 食器を洗う

・ 散らかったゴミを捨てる

・ 放置された服を洗濯カゴに入れる

・ 机と椅子を元の位置に整える

・ 遊び道具や見られたくないものをほかの部屋に移す

などのことができます。

散らかり具合にもよりますが、集中すれば5分の間にけっこうできると思います。

5分でどんなことができるだろうか?」

ということを考えておくと、いざという時にさっと効率よく動くことができますね。

特に、大きな変化が感じられるところから片付けを優先させると、効率が良く、満足度も高くなります。

片付けの関連記事

長く時間をかけないほうがストレスを感じにくい

バッグ
バッグ

たっぷり時間があっても、「やりたくないことのためには1秒でもできるだけ関わりたくない」という心理が働くことがあります。

長い時間があるほうが、一見しっかりできそうに思いますが、限られた時間のなかでやってしまおうというほうが、短時間で終わって、ずっとストレスを感じずに済んだりします。

やり始めるためのステップは小さいほうがいい

徹底的に掃除しようと思うと構えてしまいますが、5分だけしておこうということであれば始めやすくなります。

難しい事よりも、すぐにできそうなことの方が、始めやすいです。

大きな仕事も、小さな作業の積み重ねです。

(関連:やらなければいけない仕事ほどやりたくないとき

一つのステップができてから、次のステップを始めることにすれば、最初から難しそうな壁を感じずに動き出すことができますね。

作業効率の関連記事

完璧にしようと思わない方がうまくいく

最初から、完璧に仕上げようと思うと、取り掛かりにくくなりますが、そこそこできれば大丈夫な程度の目標であれば、始めやすいです。

まず、5分やってみてから、もっとやりたくなったら続けることもできますし、時間切れとなったら、そこまでにして、優先事項の作業に切り替えることもできます。

そこそこにして、バランスよく作業を進めることができれば、部屋や予定がめちゃくちゃにならずに、ある程度の水準を保つことができるようになるでしょう。

(関連:片付けやすい部屋の特徴は?

音楽をかけて時間の目安にできる

洗濯物
洗濯物

5分経ったかどうかを確認するのが面倒に感じるならば、5分ほどの音楽をかけながら作業すると、ちょうど5分経つのがわかりやすいです。

また、音楽をかけると、リズムに乗って作業の効率が上がることもあります。楽しい気分で作業できるのに越したことはありません。

お気に入りの曲をかけたり、作業に向いている曲を選ぶと、用事を済ませやすくなるかもしれませんね。

まとめ

「まずは5分やってみよう!」というのが目標になることがあります。

気が乗らないときには、5分でも集中するのが難しいことがありますので、最初から1時間もかけずに、できそうな時間を区切った方が始めやすいです。

集中すると、5分でも結構できることがあります。

短い時間で効率よく用事が終わると嬉しいものですね。

もちろん、きちんと作業しようと思うと、5分では到底足りないこともありますので、集中できる時間を徐々に長くしていけるといいですね。

そして、適度に休憩を入れて、持続できるような方法を試すのがおすすめです。

時間の使い方の関連記事

仕事ができる人は時間の使い方が上手

達成しやすい目標の立て方とは?

To Doリストの落とし穴ースケジュールの上手な組み方とは?

【動画配信サービス】

観たい番組を選ぶことができるので、時間を有効に使えるかもしれませんね。

U-NEXT

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク