レジ袋有料化(2020年7/1〜)になったら、ゴミ出し用に買うこともありそう

レジ
レジ

スーパーなどに行くと、レジ袋有料化されるというポスターが貼ってあるのが目に入りました。

いよいよ、2020年7月1日にはキャッシュレス減税のキャンペーン期間も終了してしまうので、家計への影響がどの程度出てくるのか気になるところです。

これまでキャッシュレス減税で、5%もしくは2%ほどキャッシュバックされていた分がなくなるということになります。

合わせて、同じ時期にレジ袋が有料化になります。

少しスーパーなどの買い物の予算を増やす必要が出てくるかもしれませんね。

有料化されたらレジでレジ袋を買うか?

無料でもらえるレジ袋をゴミ出しの時に使っていたので、レジ袋が有料化されたらレジで会計時に買うか、事前にまとめてビニール袋を買っておくか、少し悩むと思います。

基本的にマイバッグを使うとしても、ゴミ袋に使いたい分だけは、レジ袋を有料でも買うことになりそうな感じがしています。

もちろん、レジ袋の量を削減することにも協力したいので、余分のレジ袋はもらわずに、エコバックに入れて持ち帰ることも多くなるでしょう。

レジ袋の関連記事

ゴミ出しに使うためにレジ袋もある程度ほしい

ゴミ出し
ゴミ出し

実際に、ゴミをまとめたりする時のために、レジ袋が便利です。とくに、台所で出るゴミは、汁がこぼれたり生ゴミの臭いがキツくなったりしがちなので、少し余分に袋を使うこともあります。

例えば、生ゴミを小さめのビニール袋に入れてから、大きな行政指定のゴミ袋に入れたり、ゴミ袋を二重にして穴が開かないようにしてゴミ出しすることもあります。

指定ゴミ袋に穴が少しでも空いたら、生ゴミの汁がポタポタと落ちかねないからです。それで、いくらビニール袋削減のためとはいえ、最低限のゴミ出しのためのビニール袋は確保しておきたいと思っています。

ゴミ出しの関連記事

ゴミ捨てのコツを覚えて片付け上手になろう

生ゴミを入れるのに便利なホルダー

エコバッグを持ち歩く

今後は、エコバッグを鞄の中に入れておくようにしようと思っています。これまでもエコバッグは持っていましたが、これから使う頻度が高くなりそうです。

どんな買い物のときでも対応できるような、コンパクトに折りたためて軽いタイプを持っているととても便利です。

保冷バッグタイプのエコバッグは、スーパーでの買い物に重宝します。うっかり忘れてしまうこともあるので、鞄に予備のエコバッグがあると安心です。買ったものの量が多かったときにも、余分な袋があると助かりますよね。

エコバッグを折りたたむのが面倒でしたが、だんだん慣れて、手早く畳んでしまうことができるようになりますよ。

エコバッグ

ハシビロコウの柄のエコバッグです。

まとめ

レジ袋有料化になると、「レジ袋がいくらになるんだろうか?」というちょっとした緊張感と興味があります。

すでに、何年も前からレジ袋が有料にしているお店もあるので、何となくイメージはしやすくなっていますが、すべてのお店でレジ袋が有料になると、「ちりも積もれば山となる」という感じで、毎回レジ袋を買うかマイバッグにするかの意思表示が求められることでしょう。

「レジ袋入りません」なのか、「レジ袋買います」になるのか、これからいろんなお店でパターンができてくるのかな、と思います。

ゴミ捨て用の分として、レジでもレジ袋を購入することもありそうだけれど、余分には買わないで、エコバッグももっと有効利用したいです。

まだ、コロナ対策もしたいので、お出かけ前にはマスクとエコバッグを確認していくのが習慣になりそうです。

マスクの関連記事

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク